【センター試験2018】2日目(1/14)代ゼミ、問題分析スタート…地学基礎の大問数に変化

1月14日(日)12時0分 リセマム

センター試験2018 代々木ゼミナール センター試験速報

写真を拡大

代々木ゼミナールは2018年1月14日、Webサイト内の特集「2018年度大学入試センター試験速報」内で第2日の問題分析をスタートした。センター試験の主要科目について、出題内容や難易度、および設問ごとの分析などを掲載する予定。

 午前11時52分時点で掲載されているのは、午前9時半から行われた「理科1」の「地学基礎」。「地学基礎」は一昨年(2016年)までと同じ3題に戻り、昨年(2017年)同様に基本的な知識を問う問題が中心だったという。代々木ゼミナールによると、科学エッセイを出典とするリード文が見られた。

 代々木ゼミナールは問題分析のほか、ヨミウリオンラインと連携し、第1日の問題や正解と配点を掲載している。問題分析については、今後も随時更新される見込み。

リセマム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

センター試験をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ