まるで防弾チョッキ。アメリカのパパの間で話題の抱っこひも「BABY CARRIER」

1月14日(土)21時0分 roomie

170111_baby_topお父さんたちのポジティブなバイブスも最高!

“抱っこ紐”というとどこかかわいらしいものが多いイメージだが、サンフランシスコ発のタフで高機能なアイテムを作る父親向けブランド・mission criticalがデザインした「BABY CARRIER」なんて選択肢はいかがだろうか。

抱っこ紐というとどこかかわいらしいものが多いイメージだが、サンフランシスコ発のタフで高機能なアイテムを作る父親向けブランド・mission criticalがデザインした「BABY CARRIER」なんて選択肢はいかがだろうか。1

ミリタリージャケットのようなルックスの「BABY CARRIER」。サバイバルゲームにこれを着て参戦している人がいても、誰も抱っこ紐だとは気づくまい。



ファウンダー・Andrewさんによる紹介動画によると、「BABY CARRIER」は機能もミリタリーレベルだ。アウトドアユースを前提とした頑丈な生地を採用しているため、ちょっとやそっとじゃ壊れない。

抱っこ紐というとどこかかわいらしいものが多いイメージだが、サンフランシスコ発のタフで高機能なアイテムを作る父親向けブランド・mission criticalがデザインした「BABY CARRIER」なんて選択肢はいかがだろうか。2


抱っこ紐というとどこかかわいらしいものが多いイメージだが、サンフランシスコ発のタフで高機能なアイテムを作る父親向けブランド・mission criticalがデザインした「BABY CARRIER」なんて選択肢はいかがだろうか。3

赤ちゃんに触れる部分はツルツルとした素材で、取り外し可能。汚れてしまったら、サクッと取り外して交換すればokだ。前面のポケットには、赤ちゃんを日差しから守るカバーも収納されている。

抱っこ紐というとどこかかわいらしいものが多いイメージだが、サンフランシスコ発のタフで高機能なアイテムを作る父親向けブランド・mission criticalがデザインした「BABY CARRIER」なんて選択肢はいかがだろうか。4

この縫い付けられたナイロンテープは「Molle System」と呼ばれもの。ポーチなんかを取り付けるための“とっかかり”だ。世界的に使われている規格なので、他のブランドのものを取り付けることも可能。

抱っこ紐というとどこかかわいらしいものが多いイメージだが、サンフランシスコ発のタフで高機能なアイテムを作る父親向けブランド・mission criticalがデザインした「BABY CARRIER」なんて選択肢はいかがだろうか。5

サイドのバンドの位置はけっこうハイウエスト。アクティブに動き回っても大丈夫なように、身体にしっかりと密着する造りになっている。









Mission Criticalさん(@missioncriticalgear)が投稿した写真 – 2016 7月 13 2:09午後 PDT















Mission Criticalさん(@missioncriticalgear)が投稿した写真 – 2016 5月 26 1:04午後 PDT















Mission Criticalさん(@missioncriticalgear)が投稿した写真 – 2016 12月 23 3:51午後 PST







オフィシャルインスタグラムには、「BABY CARRIER」を身につけて愛する赤ちゃんと過ごしているお父さんたちの写真が。どれも良い写真ばかりだ。



「父親ってのはかっこいいものだ。そんな彼らのためのギアが必要だと思ったのさ」とファウンダーのAndrewさんは語る。

Andrewさんのポジティブな姿勢はキチンとユーザーにも伝わっているようだ。「BABY CARRIER」を使っているお父さん、そして赤ちゃんたちの表情を見ると、そんな気がしてくる。

オフィシャルサイトによると、現在はアメリカ国内でしか購入できないが、より多くの国に「BABY CARRIER」を届けられるように計画を進めているとのこと。日本へのシッピング対応にも期待!



BABY CARRIER[mission critical]





roomie

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アメリカをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ