BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

【緊急警告】ホワイトハウスが「隕石衝突防衛構想」を発表! NASAも本気、今年10月のニビル直撃は確定コースか!?

tocana1月14日(土)7時30分
画像:イメージ画像は、「Thinkstock」より
写真を拡大
イメージ画像は、「Thinkstock」より

 今年に入り、昨年2月に出版された『Planet X – The 2017 Arrival(プラネットX 2017年衝突)』が再び話題となっている。著者のデイヴィッド・ミード氏は、タイトルにもあるように天文学からスピリチュアリズムまであらゆる観点から考察した結果、地球に壊滅的被害をもたらすと古代より恐れられている惑星「ニビル」が、2017年にほぼ間違いなく衝突すると断言したことは、先日トカナでお伝えした通りだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/01/post_11990.html】


■専門家「ニビルは南極に落下する」

 ミード氏によると、ニビルはこれまで言われていたように大きな軌道を周回しているのではなく、太陽との連星であり、今年2017年10月に地球に最接近する可能性が極めて高いというのだ。とはいえ、これまでにも地球に最接近した隕石や彗星は数知れない。また地球から数十万kmも離れた場所を通過するに過ぎないと思うかもしれないが、今回は地球の重力圏にまで接近し、衝突を免れないというのだ。

 そして、ニビルや巨大天体の衝突を警戒しているのは、こうしたアマチュアの天文学者だけではない。あのホワイトハウスも同じく惑星衝突を懸念しているのだ!


■ホワイトハウスもガチでビビる“隕石衝突”の可能性

 昨年12月には、米ホワイトハウスが隕石衝突に関する公文書「地球近傍天体予防のための国家戦略」を公開している。

 同文書は、地球接近・近傍天体(NEO)の検知・緩和に関する連絡作業部会「DAMIEN」が作成したもので、NEOに対する戦略的目標が7つ検討され、衝突回避にかかわる目標も2つ挙げられている——「NEOの検知・追跡・評価能力の向上」、「NEOの軌道変更メソッドの開発」。

 具体的には、人工知能と高機能センサーを搭載した無人宇宙船の利用や、高出力ロケットによるNEOの詳細なデータ取得があげられており、これらの調査の結果、実際に隕石が地球との衝突軌道にあると分かった場合、軌道変更プランが実施されるそうだ。軌道変更プランはいくつか構想されているが、現時点で有効に機能するかは未知数であるという。

 そのため、戦略目標の中には「NEO衝突後の対応と復旧手段の構築」も含まれている。2013年にロシア・チェリャビンスクに落下した隕石や、今月9日に地球近傍を通過した隕石程度ならば、復旧は重要になってくるが、「惑星バスター」クラスの隕石が衝突した場合はそれも無駄になることだろう。まず何よりも急務なのは、隕石の検知と軌道変更であることは間違いない。

 ミード氏が予測するニビルの具体的な大きさは不明だが、地球に壊滅的被害をもたらすといわれている天体が数十メートル程度ということはないだろう。たとえ、超巨大な天体を検知できたとしても、衝突軌道からずらすことなど現時点で可能なのだろうか? 一部の研究者は、「現時点での正確な予測は技術的に不可能」と警鐘を鳴らしていることから、少なくとも今年10月までに隕石防衛システムが完成するとは考え難い。実際に衝突するかどうかは、その時になってみないと分からないということだ。

 ミード氏の予測が外れるに越したことはないが、この時期にホワイトハウスが隕石衝突に関する公文書を発表したのも偶然ではないかもしれない。もしかしたら、すでにNASAはニビルの情報を極秘裏に入手しており、それに向けて米国がアクションを起こしたと考えることもできるだろう。しかし、現時点ではまだまだ不明点が多い、今後有力な情報が入り次第追って報告する。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

関連ワード

「【緊急警告】ホワイトハウスが「隕石衝突防衛構想」を発表! NASAも本気、今年10月のニビル直撃は確定コースか!?」の関連ニュース

注目ニュース
木村拓哉がシワシワに!? 若手と並ぶとやはり「浮いていた」! tocana2月26日(日)9時0分
大波乱を経て解散したSMAPの元メンバー・木村拓哉が、4月29日公開の『無限の住人』で、ソロ転身後初の映画主演を飾る。[ 記事全文 ]
任天堂が公道カートの株式会社マリカーを提訴 マリカー側が反論もネットでは批判が ガジェット通信2月26日(日)11時45分
2月24日、任天堂株式会社はサイトに公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に対する訴訟提起についてhttps://www…[ 記事全文 ]
グッチ公式の「うちわ」がダサすぎて騒然 一周回って欲しくなる BIGLOBEニュース編集部2月24日(金)9時48分
ラグジュアリーブランドのグッチ(GUCCI)から「うちわ」が登場し、そのデザインにネットが騒然となっている。[ 記事全文 ]
NASAが地球似の惑星発見「生命いるいる詐欺」? R252月26日(日)11時2分
NASA(アメリカ航空宇宙局)は日本時間の2月23日午前3時から記者会見を行い、地球から約40光年離れた恒星の周りに地球に似た7つの惑星を…[ 記事全文 ]
結婚への焦りが……。結婚したい独身女性の実態とは マイナビウーマン2月25日(土)19時17分
まわりの友達がひとり、2人と結婚して行くのを見ると、結婚への焦りが出てくるもの。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 グッチ公式の「うちわ」がダサすぎて騒然 一周回って欲しくなるBIGLOBEニュース編集部2月24日(金)9時48分
2 結婚への焦りが……。結婚したい独身女性の実態とはマイナビウーマン2月25日(土)19時17分
3 楽天で買ったのに「アマゾン」から届く…無在庫・タダ乗り「直送転売屋」、対策強化へ弁護士ドットコム2月25日(土)9時46分
4 木村拓哉がシワシワに!? 若手と並ぶとやはり「浮いていた」!tocana2月26日(日)9時0分
5 『Mステ』生放送中にスマホ YOSHIKIさんの謝罪ツイートにホリエモン「別にええやん笑」ガジェット通信2月25日(土)17時35分
6 既婚女性の約3割が経験者…「不倫」にハマるきっかけとは?All About2月25日(土)22時30分
7 病に効く? イノシシから生きた寄生虫食べ散々ナリナリドットコム2月25日(土)10時45分
8 かなり怪しい。フランスの沿岸の町に出現したオレンジ色のUFOカラパイア2月20日(月)22時30分
9 コーラこぼしてごめんにゃさい…… 叱れなかった飼い主さんを物陰から気遣う猫ちゃんがかわいい!ねとらぼ2月25日(土)10時25分
10 任天堂が公道カートの株式会社マリカーを提訴 マリカー側が反論もネットでは批判がガジェット通信2月26日(日)11時45分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア