これは怖い!消防士も恐れる火災の現場で起きる爆発現象「バックドラフト」を再現する科学実験

1月15日(水)16時30分 カラパイア

top

 ネット時代の今、私たちは人々が発信する多様な情報を知ったり、日常で目にすることがない危険な事象をも見ることが可能になった。

 そんな昨今、ベテランの消防士も恐れるバックドラフトを再現した映像が話題になっている。

 あらゆる事象をスローモーションでとらえるユーチューバーが、専門家の協力により現場で発生しうる激しい炎や煙をカメラで記録。

 すると高温に達したコンテナから灼熱の炎とともに巨大な煙が噴出!実験を見守る彼らの度肝を抜いた。火災の怖さを思い知らされることとなる。
4K Slow Motion Backdraft

・専門家のもとバックドラフトの再現に挑戦

  この映像はさまざまな事象をスローモーションで公開するyoutubeチャンネル、The Slow Mo Guysによるもの。

 彼らは消防士が直面せざるをえない最大の恐怖、バックドラフトを再現する特殊なセットを用意した。

スクリーンショット-(944)

中には家具も置いてみたが
灼熱の爆風ですべて吹き飛ばされる恐れもある
スクリーンショット-(945)

内部を記録するカメラも準備し
炎の規模を測る1.5mごとにマシュマロを設置
スクリーンショット-(946)

 今回の実験協力者は、オーストラリアのクイーンズランド州消防救急局局員であり消防技術者のシャン・ラッフェルだ。

 彼は屋内火災の対処法を指導する国際的な団体CFBTのインストラクターでもある世界トップクラスの専門家だ。


・ドラゴンのように突如噴き出す煙と炎

実験が始まり燃え始めたコンテナはどんどん高温に
530度を超えると内部を映すカメラも撮影不能になった
スクリーンショット-(957)

2人が見守る中、温度が677度に達したその時…
いきなり煙が噴き出した!
スクリーンショット-(950)

その後さらに激しい煙の塊が噴出!
スクリーンショット-(952)

まるで炎とともに首を伸ばすドラゴンのよう
スクリーンショット-(953)

 極めて突発的に発生するバックドラフトは消防士の真の脅威だ。この現象に直面した消防士は一番高い位置から換気を試みる。高熱を外に逃がして発火を避けるためだ。


・爆発的な燃焼現象バックドラフト

 バックドラフトとは、酸素が不足している区画内に酸素が急速に入り込んだ時に発生する爆発的な燃焼だ。

スクリーンショット-(951)

 その呼称は、火災の煙が突然室内に引き戻されるのを目にした人々の話から生まれた。

 こうした報告から、空気が燃える部屋に引き込まれるのはバックドラフトの前兆という見解が生まれ、前兆に気づいた場合はすぐ避難すべきといわれている。


・あらゆる火災で炎を読み取る消防士

 炎で過熱された超高温の一酸化炭素ガスが引き起こす恐ろしい現象は、経験豊かな消防士にとっても重大な懸念になっている。

 しかし専門家のラッフェルは、あらゆる火災が消防士に役立つ兆候を示すと語っている。

 消防士が現場で読み取るのは火災の発生段階だけでなく、その後の炎の予測や状況判断に有用な変化だ。そしてその変化こそが最も重要視すべき点なのだ。

スクリーンショット-(956)

 その兆候に気づくスキルは、最も安全かつ効率的な鎮火を目指す消防士に不可欠なものであり、知識と経験に基づいて決定を下す消防士の証にもなるという。

 一方アメリカのニューヨークの消防局に20年も勤務するベテラン消防士も、この現象のカギとなるのは「煙・空気・熱・炎」の4つだと語っている。

 実験していた2人もあまりの勢いに身をすくめていたバックドラフト。

 頭でわかっていても映像で見ると本当にぞっとする火災の怖さだ。てか、こんな爆発が起こりうる場所にもすぐ駆けつける消防士はやっぱりヒーローだわ。

References:youtubeなど /written by D/ edited by parumo

カラパイア

「ドラフト」をもっと詳しく

「ドラフト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ