【センター試験2018】ベネッセ・駿台、予想平均点(1/14時点)文系551点・理系559点

1月14日(日)22時56分 リセマム

センター試験2018 ベネッセ・駿台「データネット2018」

写真を拡大

ベネッセ・駿台による「ベネッセ・駿台 データネット2018」は2018年1月14日22時15分、データネット実行委員会が予想した2018年度(平成30年度)大学入試センター試験の各科目平均点を公開した。データネット実行委員会が実施した問題分析と、駿台予備学校在籍生の一部のデータを加味した予想平均点に基いて算出した。
※参考:予備校の予想平均点比較表(河合塾、ベネッセ・駿台、東進)

 「ベネッセ・駿台 データネット2018」に22時15分現在公開されている予想平均点によると、文系5教科8科目は551点(900点満点)、理系5教科7科目は559点。どちらも英語(筆記)と英語(リスニング)の合計250点満点を200点満点に換算して算出している。

 各教科・科目の予想平均点はそれぞれ、第1日の「地理歴史」は世界史Bが65点、日本史Bが61点、地理Bが65点。「公民」は現代社会が57点、倫理が61点、政治・経済が63点、倫理/政治・経済が69点。国語は111点。「外国語」は英語(筆記)が120点、英語(リスニング)が25点と予想している。

 第2日は「理科1」は物理基礎が35点、化学基礎が30点、生物基礎が38点、地学基礎が31点。「数学1」および「数学2」については、数学I・Aが57点、数学II・Bが49点と予想している。「理科2」は物理が61点、化学61点、生物68点、地学57点。

 予想平均点は次回、1月16日15時に更新される見込み。詳細は「ベネッセ・駿台 データネット2018」で確認できる。

リセマム

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

BIGLOBE
トップへ