子供おばさんが「結婚はしなくてはいけないもの」だと焦る理由

1月16日(木)22時5分 All About

現代は、結婚適齢期になっても結婚しない独身者も増えてきました。そんな中、30代になっても内面は大人になり切れない“子供おばさん(子供おじさん)”は、従来の生活スタイルにばかりこだわり、結婚したがっています。

写真を拡大

結婚はしなくては“いけない”ものなの?

時代と共に人々の生き方も変わっていき、現代は、一般的な結婚適齢期になっても、結婚しない独身者も増えてきました。

そんな中、30代になっても内面は大人になり切れない“子供おばさん(子供おじさん)”は、従来の生活スタイルにばかりこだわり、本心では結婚したいのかどうかも分からないまま、「結婚しなくちゃ!」と焦りながら婚活をしています。そんな人は、気付いた方がいいこともあるでしょう。

独身者は結婚以外のものを選んできた

子供おばさん(子供おじさん)で婚活中の人は、「結婚」そして「子供」を、「他の人が持っているのに、自分は持っていないから」という理由で、欲しがります。

つまり、それが自分に本当に合うものかどうかも分からないまま、みんなと同じように結婚し、子供を産み育てることが幸せなのだと思い込んでいる状態なのです。

でも、そんな人ほど気付いた方がいいことがあります。人生はいつだって、自分の選択でできています。大概、“自分の気が向くこと”の方を選ぶようになっています。基本、既婚者の人たちは、人生において、自分の最適なタイミングで「結婚(=気が向くこと)」の方を選んでいるから、今、結婚しているといえるのです。

逆に、今、独身の人たちは、今までの人生の中では、「結婚」と「その他の選択肢」では、後者の方に気が向き、選んできたから、今、結婚していないともいえるのです。

「その他の選択肢」は、「仕事」や「趣味」の人もいれば、「気ままな恋愛」「自由」だという人もいます。

例えば、「ありのままの自分を受け止めてくれる人と出会いたい」と思っている人の場合は、「ありのままの自分でいること」と「相手と折り合いをつけながら、自分も変わっていくこと」では、前者を選んでいるから、今まで結婚まで至らなかったともいえるのです。

つまり、独身の人たちは、「結婚していない」ことに劣等感を抱きがちですが、実際は、「結婚以外のものを選び、手に入れてきた人」でもあるのです。本人は無意識的な行動だったのかもしれませんが。

自分らしく生きることが大切!

「独身のまま、結婚以外のものを選び、手に入れてきた人たち」は、見方によっては、“結婚に向いていない人”だとも言えます。

それは、必ずしも悪いことではありません。なぜなら、合わないものは、人それぞれにありますし、人は誰しもが、自分らしさを失ったまま生きていっても幸せにはなれないからです。

婚活をしている人の中には、「自分はどういう人間なのか」を分かっていないまま、自分には合わない結婚を追いかけている人も少なくありません。

そういう人が、今後、結婚したいのであれば、「自分が変わる」ことも大切です。それは、「相手と折り合いをつける力」や「関係を維持できるような忍耐力」を持つ必要が出てきます。それらがなければ、せっかく結婚できても、離婚して、独身にまた戻ってしまうことも少なくないですしね。

結婚したら、幸せになれると思っていない?

さらに、婚活中の独身の人たちが、結婚する前に知っておいた方がいいことがあります。それは、「結婚したからといって幸せになれるとは限らない」ということです。

独身者の中には、「今、結婚できていないから、幸せではないんだ」と、自分が不幸な理由を「結婚していないこと」にしている人がいますが、それは違います。幸せになる力がある人は、どんな環境であれ、幸せになれるのです。

そもそも1人でも幸せになれない人が、誰かと一緒になることで幸せになれることを期待している場合は、相手に依存ばかりしています。そうしたら、相手に負担ばかりがかかり、関係が壊れてしまう可能性は高いでしょう。

さらに、「結婚したら、今のような孤独ではなくなる」と考えがちですが、誰かと一緒に過ごすからこそ感じる孤独というのもあります。なぜなら、いくらパートナーであっても、全てを分かり合うことはできないものですし、人は誰しもが、人の人生に乗っかることはできず、自分の人生を歩んでいかなくてはいけないからです。

つまり、孤独に耐え得る人だからこそ、むしろパートナーに過度に期待をしないで、いい関係を築くことができるものなんですよね。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉もありますしね。

幸せな結婚をしたければ、独身の今のままでも幸せでいられる自分でいることが大切です。さらに本当に結婚したいと思えるような相手に出会えた時には、「彼(彼女)を幸せにしたい」と思えるくらいの愛情が持てるようになる必要があります。

それくらいに「与える」気持ちが芽生えてこそ、いいパートナーシップがもてるようになるもの。“自分の幸せ”のためにパートナーを利用しようとしているうちは、幸せにはなれないんですよね。

結婚しても、しなくてもいい

現代は、生活スタイルも随分、変わってきました。“おひとりさま”で楽しめるサービスも増え、一昔前のように「生活していくために結婚する」必要もなくなってきました。だからこそ、人によっては、人生の選択肢で、「結婚以外のもの」を選びやすくなり、従来の結婚が合わなくなってくる人も増えてきました。

それは、「結婚しなければならない」という制限した考えを捨て、もっと自由に自分らしく生きられる世の中になってきたということです。もちろん独身でい続けることのリスクもあるので、それはきちんと準備しておく必要もあります。でもそれは、結婚をしたらしたで、また別のリスクも出てくるものなので、同じことです。

別に、「結婚してはいけない」と言っているわけではありません。心からしたいと思える相手が現れたら、した方がいいでしょう。でも、しなくてはいけないものではありません。結婚しなくても幸せになれる生き方もあります。

周りがしているからといって、自分も無理にする必要はなく、自分らしく、幸せになれる道を進んでいきたいものですね。一度きりの人生なのだから!
(文:ひかり(恋愛ガイド))

All About

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ