ゴーン逃亡余波!ヤマハ「大型楽器ケース」の注意喚起にネット騒然

1月16日(木)6時0分 アサ芸Biz

カルロス・ゴーン

写真を拡大

 1月11日、ヤマハ製管楽器の話題を中心に情報をつぶやく公式ツイッター「ヤマハ・ウインドストリーム」が大型の楽器ケースに入ることに関して異例の注意喚起をし、これが5万件以上リツイートされるなど大きな話題となっている。
 
 同アカウントは、「理由については触れませんが」と前置きをした上で、「大型の楽器ケースに人が入ることに関することをネタにしたツイートが多く散見されるようになってきました」とし、「不幸な事故が起きてからでは遅いですので、皆さんの周りでは実際にそのようなことをしない、させないように皆さんで注意し合ってください」と促した。

「理由には触れないとありますが、レバノンに逃亡した元日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告が大型の楽器ケースに隠れて出国したことに対するものであることは明白。最近ではSNS上に楽器ケースの中に隠れた姿を投稿する”ゴーンごっこ”がにわかに流行しているため、注意を促したものとみられます」(ネットライター)

 これにネット上では、《ゴーンのことかーーーっ!》《テレビ番組でも楽器ケースに隠れる実演やってるからね。子供が真似するといけない》《事故が起きてメーカーのせいにされたらたまったもんじゃなからな》などの意見が寄せられていた。
 
「なお、ヤマハ・ウインドストリームは翌12日もツイッターを更新し、『ごく当たり前のことを呟いただけのツイートですが、たくさんのいいねやリツイートでご拡散をいただきありがとうございます。大変驚いております』とコメント。改めて正しい利用を呼びかけています」(前出・ネットライター)

 ゴーン被告の国外脱出余波が、意外なところにも出た。

(小林洋三)

アサ芸Biz

「ヤマハ」をもっと詳しく

「ヤマハ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ