ナチュラルな小顔を手に入れたい!最新小顔事情「Vライン」を徹底解説

1月16日(木)17時0分 ココカラネクスト

[記事提供:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

 みなさんは、「小顔になりたい」と思ったことはありますか?

小顔であるかどうかは、顔の輪郭(フェイスライン)と顎まわりの微妙なバランスによって決まります。

今回は、いま話題の小顔「Vライン」を作り出す最新治療と、意外と知らない歯並びと小顔の関係性について、ご紹介したいと思います。

最新の小顔事情「Vライン」とは?


エラの辺りから顎先にかけてのすっきりしたフェイスラインは、Vラインと呼ばれています。ここ最近、お顔のVラインをすっきりとさせる小顔治療が流行っていることをご存知でしょうか?

日本でも、小顔に見えるメイクやヘアスタイル・小顔治療が数多くありますが、お隣の国・韓国ではVラインを整える美容整形が流行しています。

Vラインがすっきりしていることで、目や鼻といったお顔のパーツが大きく可愛らしい印象に見えることから、特に韓国アイドルや女優の方に顕著です。

Vラインを整える代表的な治療法

Vラインを整えて小顔効果を得る治療法としては、主に以下の4つがあります。

1 美容整形(脂肪溶解注射・脂肪吸引・フェイスリフト・骨切り・レーザー脂肪痩身など)
2 小顔矯正、小顔整体
3 美容鍼
4 Vラインパック、Vラインバンド

1.美容整形

まず最も代表的な治療法が、美容整形によってVラインを整える方法です。フェイスラインの脂肪を減らすことでVラインを整える方法や顎の骨を削ってVラインを整える方法などがあります。

・脂肪溶解注射
注射には、1回で効果が出るイタリアンメソシェイプやBNLSなどの数回で効果が出るものがあります。
術後の腫れの大きさが効果と比例するので、ダウンタイムを考慮した施術が必要となります。

・脂肪吸引
細い管を挿入し、脂肪そのものを吸入して取り除きます。
術後は腫れや痛みが強く出ますが、脂肪細胞自体を減らすことができるので効果は得られやすい方法です。

・フェイスリフト
顔の目立たない箇所をメスで切開し、肌のたるみを引き上げるように縫合します。
術後は腫れや痛みを伴いますが、効果はしっかりと得られます。

・骨切り
顎周りの骨を切る手術です。
腫れや痛みなどのダウンタイムが大きい分、効果は一度の手術で見違える仕上がりが望めます。

2.小顔矯正・小顔整体
  小顔矯正や小顔整体は、顔の出っ張りやへこみなどの歪みを矯正していくことで小顔を目指す施術です。
  店舗によって方法は様々ですが、継続的に通うことで効果が持続されやすくなります。

3.美容鍼

美容鍼は、肩こりや疲れ、冷え、むくみなどをケアする鍼とは分けられています。

0.1〜0.18ミリの細い鍼を使用し、痛みは打つときにチクッとする程度です。
むくみに即効性があり、施術後はフェイスラインがスッキリします。

4.Vラインパック、Vラインバンド
VラインパックやVラインバンドは、Vライン専用のフェイスパックです。

どちらも単品での劇的な効果は認められませんが、軽いむくみ取りや美容整形後の圧迫固定には適しているようです。

過度な小顔整形は「整形顔」をまねくことも

最も確実な小顔効果を追求するのであれば、美容整形を選ばれる方もいらっしゃるかと思います。

美容整形できれいな輪郭を手に入れるというメリットの裏側には、デメリットもあることを理解しておきましょう。

例えば骨切りなどのメスを入れる方法では、神経を傷つけてしまうと神経麻痺になるリスクがあります。

また、いわゆる「整形顔」と言われるような量産型の同じ顔に見られてしまうこともあります。

一例として、「韓国の女性アイドルの顔の見分けがつきにくい」という話があります。

韓国の美容整形市場では、「美人の黄金比」を忠実に守った「誰が見ても美しい顔」をつくりあげる傾向があります。

目、鼻、唇などのパーツのサイズや位置関係など細かく明確な基準があり、華やかな顔が好まれます。

一方で、顎がとがりすぎてしまうことやエラなどの自然なおうとつがなくなることで、不自然な印象にもなってしまうこともあります。

手術後にフェイスラインのたるみがひどくなることもあり、成功しなかった場合のリスクについてもしっかり理解しておくことが重要です。

歯並びを整えると小顔効果は得られるの?

日本人は顎が小さいことから、出っ歯や口ゴボ・ガミースマイルといった歯並びになりやすい傾向があります。

歯並びを整えることで、口もとが引っ込み、顔全体がすっきりとした印象に変わることが少なくありません。

また、歯並びを整えることで噛み合わせが正常にかみ合い、鼻の下の人中が短くなる・顎まわりのお肉が徐々に減ってすっきりとすることが多くあります。

歯並びを治すことで美容整形級の劇的な変化はありませんが、口もとのバランスや噛み合わせのバランスが整うことで、お顔自体のバランスが良くなります。

それによって、ナチュラル小顔効果を得られることが少なくないのです。

小顔治療と歯並び治療を併用することでダブル効果が得られる

また、お顔半分がすっきり見えるかどうかは、顎の骨と歯並び・顎まわりの肉付きによる微妙なバランスで決まります。

例えば美容整形だけで小顔を目指すと人工的なお顔の印象となってしまうことがありますが、小顔矯正やリフトアップ治療と歯並び矯正を併用することでナチュラルな小顔・Vラインに仕上げることができます。

また、美容整形で顎まわりを少しずつ整えながら、セラミック矯正や歯並び矯正をすることでお顔立ちに合ったVラインにされる方も増えています。

小顔治療と歯並び治療を併用した方法は、「ナチュラルなVラインに仕上げたい」「小顔にしながら口もとの印象もアップしたい」という方に支持されています。

まとめ

今回は、最新の小顔治療事情と歯並びとの関係についてご紹介しました。

ナチュラルな小顔を目指されて、小顔矯正やリフトアップ治療と歯並び矯正を併用される患者さまがホワイトホワイトにも多くいらっしゃいます。

「小顔治療」と「歯並び治療」を併用することで、患者さまのお顔立ちに合ったナチュラルな美しいお顔に整えることが可能です。

ホワイトホワイトでは、小顔を目的とした歯並び治療について無料LINE相談や無料カウンセリングを実施しております。あなたに合った小顔治療について、ご一緒に考えていきましょう。

[記事提供:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

店舗:恵比寿本店・LUMINE新宿店・LUMINE有楽町店

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ココカラネクスト

「小顔」をもっと詳しく

「小顔」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ