世界で悪名を馳せた5人の犯罪者とその愛車

1月16日(水)20時30分 カラパイア

0_e1

 自動車が誕生したのは1769年と言われている。フランス人のニコラ・ジョセフ・キュニョーが蒸気で走る自動車を発明したのが最初だ。

 そして、1885年頃、ガソリン自動車が誕生する。それから今日に至るまで、身近な移動手段として自動車が用いられている。

 誰もが車を持てる時代となったのだ。ここでは、世界で悪名を馳せた5人の犯罪者とその愛車にまつわるエピソードを見てみよう。
・1. ボニーとクライド
——1932年式フォードV8 B-400コンバーチブル


1_e2

 愛車の1932年式フォードV8で犯行現場を飛び回り、暗い世相のうっぷんを晴らすかのように強盗、誘拐、殺人など犯罪を繰り返したアメリカ人カップル、ボニーとクライド

 皮肉にも彼らの人生で最後の場所になったのもその車だった。警察に取り囲まれ、130発もの銃弾を浴びせられるという壮絶な最期であった。

 穴だらけになった車は全米各地で展示され、現在はネバダ州プリムのウィスキー・ピーツ・カジノの見世物になっている。


・2. アル・カポネ
——1928年式キャデラック・セダン


2_e2

 昔からある噂に、アメリカのギャング、アル・カポネが逮捕され、その財産が押収されてから、装甲と防弾ガラスで武装した彼のキャデラックは、第32代米大統領フランクリン・ルーズベルトの手に渡ったというものがある。

 この噂はただの噂に過ぎないのだが、禁酒法時代に暗黒街の顔役と知られた彼がいかに畏怖されていたのかを窺わせる話だ。

・イースタン州立刑務所、アルカポネが入っていた独房 : カラパイア

 アル・カポネには力と金があった。今日で言えばビリオネアだったのだろうが、その犯罪帝国は33歳で逮捕されたことで崩壊する。


・3. ブルース・レイノルズ
——ロータス・コーティナ


3_e2

 世紀の大列車強盗として知られるブルース・レイノルズは、1963年に犯罪で巻き上げた金で美しく小ぶりなロータス・コーティナを手に入れた。

 同年、彼はイギリスでギャング団を率い(その中にあの逃亡者ロナルド・ビッグズもいた)とともに犯罪史に残る強盗を決行する。

 情報屋から情報を集め、綿密にロンドンからグラスゴー行きの貨物列車を襲う計画を練り上げ、現在の価値で100億円もの現金を強奪。

 結局は逮捕され、ロータスも押収されてしまうのだが、この一件は『大列車強盗団』という映画のモチーフにもなった。車は2009年にあるコレクターが手に入れている。


・4. O・J・シンプソン
——1993年式フォード・ブロンコ


4_e2

 元プロフットボーラーだった彼の逃亡劇は全米のテレビで放映され、9500万人の人間がロサンゼルスのフリーウェイで展開されたカーチェイスを目撃したと言われている。
 
 妻を殺したとされるシンプソンが運転していたフォード・ブロンコは、しばらくパーティの一種の飾り用に貸し出しされていたが、現在はテネシー州ピジョン・フォージにあるアルカトラズ・イースト犯罪博物館に所蔵されている。

 ちなみにこの事件の刑事裁判でシンプソンは無罪となったが、民事裁判ではシンプソンによるゴールドマンへの殺人が認められた。

 その後彼は5人の男と拳銃で武装してラスベガスのホテルに押し入り、多数のスポーツ記念品を盗んだ容疑で逮捕され、合計33年の懲役刑が言い渡された。


・5. シュグ・ナイト
——1996年式BMW 750iL


still

 全米で最も危険なレーベルと言われた「デス・ロウ・レコード」の創立者であり、いろいろと黒い噂の絶えなかったシュグ・ナイト

 1996年9月7日、ラスベガスでマイク・タイソンのボクシングの試合を観戦後、赤信号でBMW 750iLを停車させたところを何者かに銃撃される。この事故で彼自身が怪我を負ったほか、同乗していたラッパーの2パックが命を落とした。

 犯人は捕まっていないが、当時元ギャングだった人間が数多く所属していたヒップホップのレーベル同士で抗争が勃発していたため、対立していたレーベルの仕業ではないかと推測されている。

 2015年1月29日、カリフォルニア州コンプトンでの映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』の撮影現場にて、ひき逃げ死亡事故を起こし殺人容疑で逮捕された。

追記(2018/01/17):本文を一部訂正して再送します
References:Old School: Five true crime cars/ written by hiroching / edited by parumo

カラパイア

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ