線路に黄色い道が!?その正体は貨物列車から零れ落ちたトウモロコシ(アメリカ)

1月16日(木)16時30分 カラパイア

no title

 今月初め、アメリカのミネソタ州でなんとも変わった風景が目撃された。それは線路にできた奇妙な黄色い道である。

 「オズの魔法使いのレンガの道みたい!」「リアルにしては綺麗すぎじゃね?」など反響を呼んだ不思議な光景。実はこの黄色の正体は大量のトウモロコシだという。

 貨物列車からこぼれ落ちたトウモロコシから成る黄金色の道。まさにコラのようでコラじゃない幻想的な光景が多くの人々を魅了したのだ。
・列車からこぼれたトウモロコシの道


 画像は今月6日にツイッターユーザーのマイク・パーカーさんがシェアしたもの。現場はミネソタ州の都市クリスタルに敷設されている線路の一部だという。

 パッと見ではレールを塗りつぶしたコラっぽい眺めにもみえなくもない。だが実はこの道は貨物列車からこぼれた大量のトウモロコシでできていたのだ。


・ドロシーが歩いた道?オズの魔法使いという声も

 この光景はただちに多数のユーザーにシェアされ、さらにそこからファンタジー作品「オズの魔法使」を連想する声がわき起こった。

 トルネードにさらわれ魔法の国オズに来てしまったドロシーが、ユニークな仲間たちとたどった黄色いレンガの道。

 映画でも有名なあのシーンが現実になったかのような光景に、たくさんの人々が胸をときめかせたのだ。


・疑うユーザーに現地の動画が投下される

 一方であまりに見事な景色から、ネットになじみ過ぎた人々からは、こぼれ具合が絶妙すぎる、トウモロコシに集まるはずの動物がいないなんて、といった懐疑的な声もちらほら上がった。

 しかし熱心なユーザーの検証や現場からのツイートで、この件が動物が行き交うのどかな場所ではなく人口密集地で発生した実際の出来事だったことがまもなく判明した。

リアルだから!とアダム・ベルツさんが投稿した動画

積もったトウモロコシの深さは5センチ程度だった

現場はこのあたりと特定された
2


・総量およそ23トン!大量のトウモロコシが線路に

 また写真だと果てしなく続いているように見えるが、コーンの道の実際の長さは610メートル程度だったという。

 それでも落ちたトウモロコシの総量は重さにしておよそ23トンと見積もられており、けっこうな損失になったようだ。

3
image credit:twitter

 なお思わぬ形で生まれたコーン色の道は、のちに行われた鉄道会社の清掃作業によって消え、今は普通のレールに戻っているようだよ。

References:twistedsifter/ twitterなど /written by D/ edited by parumo

カラパイア

「トウモロコシ」をもっと詳しく

「トウモロコシ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ