見た目はチョコレート、でも甘くない  老舗店の「バレンタインさつま揚げ」

1月16日(木)11時49分 OVO[オーヴォ]

 一見甘いチョコレートのようだが、カラフルな箱に入ったバレンタイン仕様の商品はスイーツではない。1901年、奈良・餅飯殿発祥の「魚万商店」(奈良市)が発売した「バレンタインさつま揚げ」だ。さまざまな具材を使った一口サイズのさつま揚げをチョコアソートのように詰め合わせた、見た目のかわいらしさにもこだわったバレンタイン&通販限定のギフト商品になっている。

 3個入りのAセット(税別600円)は、「わか草コーン」「ハート形揚げかまぼこ」「彩りえび団子」が入った詰め合わせ。「わか草コーン」は北海道産のトウモロコシ「ハニーバンダム」を使い、サモサシートで包んで揚げたかまぼこだ。8個入りのCセット(同1,600円)には上記の3種類のほか、「チョコナッツ」「ゆば巻」「宝玉」「からすみボール」「バジルちーず」が入っている。食感と風味の良いナッツを混ぜた練り物にハート形のチョコをトッピングした「チョコナッツ」は、不思議なおいしさ。紫芋入りのすり身にドライフルーツをあしらった「宝玉」は魚肉とフルーツのマリアージュ。魚肉にグリンピースを混ぜ合わせ、生ゆばで巻いて揚げた「ゆば巻き」は、魚万商店の人気商品の1つ。そのほか、5個入りのBセット(同1,000円)もある。

 甘いものが苦手というカレには、お酒のつまみにもなる「バレンタインさつま揚げ」はいかが?

OVO[オーヴォ]

「バレンタイン」をもっと詳しく

「バレンタイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ