映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、パワーアップした4DXでの上映決定!

1月16日(木)16時21分 RBB TODAY

(c)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真を拡大

昨年12月20日より公開中の映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の興行収入が62億円を突破。あわせて、1月17日から4DX効果がパワーアップした「4DXフォースエディション」公開もスタートすることが分かった。


 「スター・ウォーズ」シリーズ完結篇としても注目を集める今作。北米では2019年公開の作品で興行収入3位にランクインしたほか、全世界興行収入はすでに10億ドル(約1090億円)を突破するなど、その勢いは年をまたいで持続している。日本では公開から27日目となる1月16日に興行収入62億円、観客動員数は414万人を突破した。

 こうした好調を受けて決定した「4DXフォースエディション」上映では、通常の4DXからモーションチェアやフラッシュ、嵐、霧、水、風、香りといった演出効果が迫力を増しており、たとえば森の中をレイが駆け抜けるシーンではモーションチェア の上下左右の動きや振動などにより、キャラクターの動きが細かく再現。ほか、レジスタンスの船に乗った時の浮遊感も表現されており、観客もその一員となったような感覚が味わえるという。

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、現在公開中。

RBB TODAY

「スター・ウォーズ」をもっと詳しく

「スター・ウォーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ