笑うメディアクレイジー心理テスト

下のイラストの中で、つい視線がいってしまったり、詳細が知りたい、最も気になる箇所を6つの選択肢の中から1つだけ選んでください。

気になった箇所で、あなたのテンションがガクッと下がる瞬間がわかります。

気になる テンション 心理テスト

↓ 選択肢を直接タップ(クリック)してください。


気になる テンション 心理テスト
気になる テンション 心理テスト
気になる テンション 心理テスト
気になる テンション 心理テスト
気になる テンション 心理テスト
気になる テンション 心理テスト


※まだ選択肢を選んでない人は、まずこちらのページから選択肢を選んでくださいね。

選んだ選択肢によって、あなたの「テンションがガクッと下がる瞬間」がわかります!

①を選んだあなたは「悪口を耳にした時」です。

悪口 テンション 心理テスト

あなたのテンションがガクッと下がる瞬間は、「誰かの悪口を耳にした時」ではないでしょうか。悪口のターゲットが全く自分と接点のない相手だったとしても、まるで知り合いかのようにテンションが下がるようです。

空気を読んでその場は合わせる…なんてことはできず、明らかに表情が曇って無言を貫くか、上手くその場から立ち去るでしょう。人を馬鹿にすることが許せない、心からの平和主義者です。

※まだ選択肢を選んでない人は、まずこちらのページから選択肢を選んでくださいね。

選んだ選択肢によって、あなたの「テンションがガクッと下がる瞬間」がわかります!

②を選んだあなたは「怒られている時」です。

怒られる テンション 心理テスト

あなたのテンションがガクッと下がる瞬間は、「怒られている時」ではないでしょうか。誰しもがテンションが下がる出来事ですが、中でもあなたの下がり方は特別なようです。

怒られながら反省する心の余裕はなく、すべての感情がリセットされ、まるで心が砂漠化したような状態に。表情も完全な「無」となり、まるでロボットのようです。返事をしながら「もうどうでもいい。さよならー」と投げやりになっているのではありませんか?

※まだ選択肢を選んでない人は、まずこちらのページから選択肢を選んでくださいね。

選んだ選択肢によって、あなたの「テンションがガクッと下がる瞬間」がわかります!

③を選んだあなたは「予想外の出費」です。

出費 テンション 心理テスト

あなたのテンションがガクッと下がる瞬間は、「予想外の出費が発生した時」ではないでしょうか。普段からお金にうるさいわけでも、「きっちり割り勘をしたい!」というタイプでもないあなた。しかし全く予定になかった突然の出費ができると、それまでの楽しい時間が嘘だったかのように落ち込んだり、イライラが募ったりするようです。

仕方のない状況だったとしても、翌日くらいまではため息が絶えないのではないでしょうか?

※まだ選択肢を選んでない人は、まずこちらのページから選択肢を選んでくださいね。

選んだ選択肢によって、あなたの「テンションがガクッと下がる瞬間」がわかります!

④を選んだあなたは「片付けを始める時」です。

片付け テンション 心理テスト

あなたのテンションがガクッと下がる瞬間は、「片付けタイム」ではないでしょうか。新しく買ったものや料理などを大きく広げて楽しむことは大好きですが、出したものを元に戻したり、汚れた箇所を掃除したりすることが本当に苦手…。

片付けが手につかないあまり、一つのものを片付けては娯楽に走る…を繰り返したり、生活に支障ない程度の汚れはそのまま放置してしまったり。自分でも驚くほどやる気が出ない作業なのでしょう。

※まだ選択肢を選んでない人は、まずこちらのページから選択肢を選んでくださいね。

選んだ選択肢によって、あなたの「テンションがガクッと下がる瞬間」がわかります!

⑤を選んだあなたは「偶然人に会った瞬間」です。

偶然 テンション 心理テスト

あなたのテンションがガクッと下がる瞬間は、「会う予定のなかった人と再会した時」ではないでしょうか。その人に対しての好き嫌いは関係なく、会うための心の準備ができていない状態で出くわすことが、とても苦手なようです。

普段は仲が良い相手でも、偶然の場合は話が別。早くその場から去りたい気持ちでいっぱいになります。しかし、そんな自分の心境に罪悪感もあり、申し訳ない気持ちにもなるため、脳内では必死に手を合わせて「また後日にして!」と叫んでいるのかもしれません。

※まだ選択肢を選んでない人は、まずこちらのページから選択肢を選んでくださいね。

選んだ選択肢によって、あなたの「テンションがガクッと下がる瞬間」がわかります!

⑥を選んだあなたは「ドタキャンされた瞬間」です。

ドタキャン テンション 心理テスト

あなたのテンションがガクッと下がる瞬間は、「ドタキャンされた時」ではないでしょうか。あなたにとってドタキャンは、相手が誰であろうと許しがたい行為。やむを得ない理由だったとしても、今後自分から誘う回数は減らしてしまうでしょう。

重要度の低い予定だったとしても、急にキャンセルされたらすぐにスケジュールを調整する気にはなれません。最短でも翌日くらいまでは、相手と連絡を取ることを拒んでしまうのでは?