センター試験の世界史で満点を取った生徒の参考書 凄まじいオーラを放つ一冊に変貌

1月17日(水)19時20分 BIGLOBEニュース編集部

画像提供:鈴木悠介(@yuusuke_suzuki)さん

写真を拡大

センター試験の世界史で満点を取った生徒の参考書が、原型をとどめないほど使い込まれているとTwitterで反響を呼んでいる。


「もはや原形をとどめず、凄まじいオーラを放っている」——世界史の予備校講師を務める鈴木悠介さんが、今年のセンター試験の世界史で100点を取った生徒の参考書を公開した。この生徒は、「世界史B一問一答」の表紙に世界地図を貼り、ビニールテープで補強。各ページには書き込みや付箋、図説を切り貼りし、関連情報や補足などを大量に加えている。こうして出来上がった参考書は分厚く、色とりどりの付箋によってカラフルに変貌。さらに、使い倒されることによってワイルドさも加わり、ただならぬ存在感を放つ一冊に仕上がった。


この生徒の参考書について鈴木さんは、一冊の参考書に学んだ情報を集約していること、表紙の世界地図や中に貼った資料によって地図問題対策も兼ねていることを評価。そして何よりも、満点という「結果」を出したことが素晴らしいと称えている。


Twitterでも生徒の努力に、「ある物事に対してここまで突き詰められることが素晴らしい」「懸命に努力した結果があらわれますように」といった称賛の声が殺到。また、「ここまで頑張れる子が社会に出たときに活躍できる学校教育であらねばならん」といったコメントも寄せられ、大きな反響となっている。


世界史で満点を取った生徒の参考書


世界史で満点を取った生徒の参考書


世界史で満点を取った生徒の参考書


世界史で満点を取った生徒の参考書


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「Twitterで話題」をもっと詳しく

「Twitterで話題」のニュース

BIGLOBE
トップへ