「他人事じゃない」木村佳乃“薫”の過去に視聴者から共感の声続出…「アライブ」2話

1月17日(金)0時15分 シネマカフェ

「アライブ がん専門医のカルテ」第2話 (C) フジテレビ

写真を拡大

松下奈緒木村佳乃が共演する「アライブ がん専門医のカルテ」の2話が1月16日オンエア。“乳がん”をテーマにした2話に多くの視聴者から「同じ経験をしたからこそ解る」「他人事じゃない」といった声が寄せられている。

薬物療法でがん治療に取り組む“腫瘍内科”を舞台にした本作は、松下さんが横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医の恩田心役で主演。心は夫が事故で意識不明となっているのだが、その手術に関わったことから彼女に近づく消化器外科医の梶山薫役で木村さん。

事故で意識不明となっている心の夫・匠役には中村俊介。薫の元上司の医師・須藤進に田辺誠一。進は匠の手術を担当、そのサポートを薫が担当したのだが、薫は手術のミスが原因で匠が意識不明になったと罪悪感を感じており、心に手術のことが伝わることを恐れる進と意見が対立している。

また心の義父・京太郎役で北大路欣也、腫瘍内科の研修医・結城涼に清原翔、結城と同じ研修医の夏樹奈海に岡崎紗絵、心と薫を引き合わせることになる患者の高坂民代に高畑淳子、光野守男に藤井隆、部長の阿久津晃に木下ほうからも出演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
心の所属する腫瘍内科に男性の乳がん患者・日ノ原徹(寺脇康文)がやってくる。罹患者全体の1%にも満たずその存在をあまり知られていない男性の乳がん。彼の母親も乳がんだったことを知り守男は遺伝性の可能性もあると検査を勧める。

一方、心も若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)を診察。莉子は手術を先延ばしすることを望むが、結城は若いからこそ早期治療が必要だと考えていた。そんな莉子と結城がカラオケでばったりと出くわす…というのが2話のストーリー。


乳がんがテーマとなった今回、“男性の乳がん”について心配する声や、「同じ経験をしたからこそ解る事がたくさんある。乳がんは特別な病ではなく、誰でも罹患する可能性がある病」「アライブ見てて泣ける だって他人事じゃないから」といった感想が寄せられる。


さらに薫が以前乳がんをり患していたことが今回判明。乳房を全摘出することに悩む莉子に切除後、再建した乳房を見せる…というシーンに「誰かのために、強く生きたいと思った」と勇気づけられた視聴者からの投稿も集まっており、「マジやばい。マジでやばい、一話二話と最高の掴み」「2話。やべーめちゃめちゃ泣けた」などストーリーに感動した声も数多く、本作に注目する視聴者が続出している模様だ。

シネマカフェ

「人事」をもっと詳しく

「人事」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ