LINEブロックしてくる男性は「所詮その程度」と思うべき

1月17日(水)17時0分 ハウコレ



好きな人からある日突然LINEをブロックされたら、かなり焦りますよね。
「私何かしちゃったのかな・・・・・・?」と不安になり、自分を責める人もいるでしょう。


でも考えかたを変えれば、「早めに彼の本性がわかって良かった」と捉えることができるかもしれませんよ。


■・ブロックは「逃げ」と同じ

LINEブロックは「今後何があってもあなたと関わりたくありませんよ」と解釈する人がほとんど。だからこそブロックをされた方は傷つき、落ち込むのでしょう。でも、そんな相手ともし付き合ったら、その後のほうがもっと苦労すると思いませんか?




たとえば話し合うべきことがあっても、彼は「もうわかったよ!」と怒って部屋を飛び出し、ほかの女性に「うちの彼女はウザくてさ〜」とグチる。そういう未来がいとも簡単に想像できてしまいます。相手をシャットアウトするのって、目の前の問題から逃げているのと同じなのです。


■・先が読める人は別の方法を選択する

でも人間関係って、そう簡単にリセットできるものじゃないですよね。いまのご時世LINEをブロックしても、ほかのSNS(TwitterやFacebookなど)から身バレすることも想定の範囲内でしょう。特に世間は狭いので、「○○君にLINEブロックされちゃって・・・・・・」と告げ口されたら、自分の株が下がることだって考えられます。「もう連絡来るの面倒くさいわ・・・・・・」と思ってやったブロック行為が、さらに面倒な事態を引き起こしてしまうのです。


そして先を読むことができる頭の良い人なら、このことを理解しているはず。だからブロックなんて極端なことは、なるべくなら避けようとします。たとえば仕事が忙しくてLINEをする暇がないのなら、「いまは返信できないんだ」と言葉にして伝えたり、LINEがしつこくて困っていたのであれば、通知をオフにして生活に支障が出ないようにしたり。それが一番相手を傷つけず、徐々に距離を置けるベストな方法だとわかっているからです。


■・でも「ブロックされた理由」を考えることも大切

ただブロックされるからには、それなりの理由もあるはずです。先ほど述べたように、返信が来ていないのに何度もLINEを送ってしまっていたとか・・・・・・。


もしLINEをブロックされてしまったら、彼を追う必要はありません。でも「自分に何か落ち度はなかったかな?」と考えることも大切です。そうすればブロックされたという辛い経験も、無駄ではなかったと思える日が来るはず。結局は同じ過ちを繰り返さないようにすればいい。ただそれだけのことなのです。


■おわりに

男女問わず、「勢いでブロックをしたけれど、あとあと冷静になってブロック解除をした」という人も結構多いそう。


それだったら最初からブロックなんてしなきゃいいのに・・・・・・と思ってしまいますが、感情を抑えきれなかったというところに、その人の人間性が表れているのでしょう。


いまはLINEで誰とでもつながることができるぶん、人間関係を軽いものと考え、簡単に終わらそうとする人が増えています。
だからこそブロックひとつに一喜一憂せず、「○○君ってそんな男だったんだ〜。むしろ早めにわかって良かったわ〜」と、あっけらかんとしていたいものですね。(和/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「ブロック」をもっと詳しく

「ブロック」のニュース

BIGLOBE
トップへ