【男体山】日光の霊峰!おすすめドライブコース|日本ロマンチック街道#3

1月17日(金)0時0分 MOBY

#この記事はおよそ3分で読めます。



男体山とは?

「男体山の治山」の説明看板。背景に山頂付近に雲のかかった男体山。
  • 読み方は「なんたいさん」
  • 場所は栃木県日光市、日光国立公園の中にある。
  • 標高:2,486m
  • 活火山。最後の噴火は7,000年前、
  • 冬場は入山禁止。毎年5月5日から10月25日が入山OK。
  • 日本百名山のひとつ。 女峰山、太郎山と並ぶ日光三山のひとつでもある。
  • 霊峰。山岳信仰の対象。日光二荒山神社がある。
  • 明治中期までは女人禁制、牛馬禁制の山だった。いろは坂の麓にある「馬返し」の地名は文字通り。第一いろは坂の途中には、女性が男体山を拝めるようにした「女人堂」が立てられ、その名は今も残る。
  • 男体山への登山は、日光二荒山神社の中宮祠からがメイン。登り3時間半、下り2時間半ほどかかる。中宮祠で入山料(500円)を支払うと安全祈願のお守りがもらえるとか。


見どころ

  • 第二いろは坂の最高峰地点近くにある、明智平から見る男体山は圧巻(駐車場あり)
  • 明智平ロープウェイ。絶景が望める。紅葉の頃ならさらに良し。


明智平ロープウェイ

明智平ロープウェイ、麓側の駅。

日光でもっとも景色が良いとされる、明智平展望台へは「明智平ロープウェイ」を使う。中禅寺湖から華厳の滝、男体山を大迫力で見ることができる。

  • 運行時間
    4〜11月:AM8:40〜PM3:30
    12〜3月:AM9:00〜PM3:30
    ※季節と客足による運行時間変更、点検整備や荒天による運休あり。事前に公式HPで確認を。
  • 運賃
    おとな:往復740円、片道410円
    こども:往復380円、片道200円
  • ペットの乗車
    運行会社が貸し出すケージに入れれば(1回200円)一緒に乗車可能。ただし、状況により運行会社が断る場合あり。


アクセス



自動車

明智平展望台駐車場。手前はミニ・クラブマン

日光市側から

日光宇都宮道路(有料道路)清滝ICから国道120号線で約12km、所要時間約20分

群馬県側から

関越道沼田ICから国道120号で約100km、所要時間2〜3時間。日本ロマンチック街道と呼ばれる景観の良いルートだが、12月中旬から4月中旬の冬季は金精峠(栃木・群馬県境)で通行止めに。関越道赤城ICから国道122号を経由するルートは雪などの悪天候による通行止めの影響をほとんど受けない。距離、所要時間は大きく変わらず。

東京から

東京・日本橋を起点にしたとき、中禅寺湖までは約170km、首都高速から東北自動車道、日光宇都宮道路の有料道路を使用して、2〜3時間の所要時間。高速料金はETC使用時で3,920円(日曜昼間の料金)。

公共交通機関

JR日光駅・東武日光駅から東武バスで約35分、運賃1,100円。



おすすめドライブコース

日光宇都宮道路(有料道路)清滝IC降りる
↓ 4km(8分)
いろは坂
↓ 5km(10分)
黒髪平 展望台(20分)
↓ 5km(10分)
華厳の滝 展望台(1時間)
↓ 5km(10分)
中禅寺湖 遊覧船(2時間)
↓ 1km(5分)
明智平ロープウェイ(1.5時間)
↓10km(20分)
戦場ヶ原 展望台

※距離と所要時間はおおよそ。渋滞考慮せず。

黒髪台展望台で、いろは坂からの景色を楽しみ、華厳の滝でマイナスイオンを大量吸収してリフレッシュ、中禅寺湖の遊覧船に乗り、明智平で雄大な男体山と展望を楽しむ。奥日光の戦場ヶ原で、それまでの山あいの景色と対象的な景観の平原を観て締めくくりのドライブコース。このコースはだいたい半日で周回できる。



歴史

奈良時代:西暦782年(天応2年)、勝道上人が修行として初登頂。あえて残雪の時期を選ぶ苦行、数度の失敗を経ての成功だった。男体山にある二荒山神社奥宮も同年の建立。

明治〜昭和初期:明治中期になって女人禁制が解かれる。それまで女性は、いろは坂中腹にある「女人堂」から男体山を拝んでいた。
明治後期には、路面電車(日光電気軌道)が当時の国鉄日光駅、東武日光駅からいろは坂ふもとの馬返まで通っており、馬返からはケーブルカーで明智平まで行くことができた。
1933年(昭和8年)、明智平ロープウェイが開通する。

昭和:1968年(昭和43年)路面電車が廃止に。マイカーブーム、モータリゼーションによる影響。

平成:2011年(平成23年)、東日本大震災により男体山山頂にある奥宮の石鳥居が倒壊。その後、日光市の男性から檜で同じ大きさの鳥居が奉納された。

山頂付近に雲がかかった男体山が背景。ミニ・クラブマンのリア。

車両:MINI クラブマン クーパーS ALL4
車両協力:BMW Japan

新型MINI クラブマン試乗レポ「ジェントルマン」なクルマ

撮影・執筆:MOBY編集部 宇野 智

【いろは坂】全線一方通行の絶景路|日本の峠#8・日本ロマンチック街道#1

MOBY

「日光」をもっと詳しく

「日光」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ