成宮寛貴の帰国Xデーはもうすぐ!? 空路ではなく「ワケありな人はみんな海路」

1月17日(火)9時0分 tocana

 写真週刊誌「フライデー」(講談社)で“コカイン吸引疑惑”が報じられ、芸能界を引退した元俳優・成宮寛貴の動向に注目が集まっている。成宮はフライデーで続報が報じられる直前に、逃げるように海外に出国。シンガポール経由で東南アジアに入ったとの情報もあるが、正確な居場所は判明していない。そんななか、成宮の帰国日に注目が集まっている。慌てて出国したところを見ると、成宮はビザを持たない状態で旅立った可能性が高い。

 その場合、東南アジア諸国ではどれだけ滞在できるか調べたところ……。タイ=30日間、ベトナム=15日間、インドネシア=30日間、シンガポール=30日間、フィリピン=30日間など。マレーシアと台湾、香港は90日間だ。また、観光ビザを取得していた場合でも、大体90日ステイが限界とみられる。

 となると、帰国は早ければ来月下旬から3月上旬にかけてとみられる。マスコミ各社は今か今かと目を光らせているが、成宮サイドがウルトラCを繰り出す可能性も否定できない。東南アジア事情に詳しい人物が明かす。「日本と違って、向こうは発展途上の国が多い。早い話が『金さえ払えば何でもできる』。警察や国の関係者に賄賂を支払い、長期間滞在できる就労ビザを取得することも可能。やろうと思えば、戸籍を買うことだってできる。成宮さんの貯蓄額は1億円以上だから、どうとでもなるよ」

 仮に帰国する場合でも、マスコミが注視する空路は使わない可能性が高いという。「ワケありな人はみんな海路を使う。アシがつかないからね。おそらく中国辺りを経由するんじゃないかな」(同)。

 さすがのマスコミもそこまでやられたらお手上げ。警察も徹底マークは難しいだろう。「成宮さんはマスコミの動きを警戒している。帰国したところで、何らかのアクションを起こすつもりはなく、ビザの手続きを終えたら再び海外に行くつもりのようだ。所属事務所からCMなどの違約金を請求されても、日本に未練のない彼が素直に支払いに応じるとはとても…」とはスポーツ紙記者。成宮を捕まえるのは至難の業だ。

tocana

「成宮寛貴」をもっと詳しく

「成宮寛貴」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ