島田紳助がmisonoのYouTubeに出た本当の理由!山口組ナンバー2高山清司若頭の出所と関係!?

1月16日(木)7時0分 tocana

 暴力団関係者とのツーショットを写真週刊誌に掲載されて芸能界を引退した島田紳助misonoの公式YotTubeチャンネル”misonoチャンネル“に出演した。


 引退後、スポーツ紙や週刊誌での激白はあったものの、動画などの出演は初めてだ。2011年、島田紳助は当時山口組幹部であった極心連合会・橋本広文会長との交際を噂されたが、交際を自ら否定し、交際が証明されたら引退すると豪語。それが明らかにされて芸能界を引退した。


 なぜ、今表社会に出てきたのであろうか。それには山口組内紛によって起きた分裂劇と高山清司若頭の出所が背景にあるのだという。


「高山清司若頭の出所で六代目山口組最高幹部であった元極心連合会・会長の橋本広文氏が引退したからです。橋本広文氏は分裂の責任を咎められて引退しました」(在版スポーツ紙記者)と、語る。


 つまり、島田紳助の足かせが無くなったからであった。


「島田紳助は、極心連合会の橋本広文氏との深い交際が噂されていました。当時、島田紳助は不動産などの投資に熱中し、競売物件などに手を出していました。それに手を貸していたのが、橋本広文氏とその周辺者というのが実態です。暴力団の力を借りて、問題のある物件などを安く競売で落としていました。島田紳助と橋本広文氏を繋いだのは、元極心連合会の舎弟として参画していた元ボクシング世界チャンピオンの渡辺二郎氏です」(前出在版スポーツ紙記者)


 極心連合会は跡目を自分の組織から外に出た人間に継がせるように高山清司若頭に命令されたが、それを拒否し組織を解散、引退した。


 つまり、写真週刊誌を騒がせた組織も人物も無くなったのだ。その事実こそ、島田紳助が表に出たきっかけになったのではないか。


「misonoは夫婦で病気を公言している。悪く言えば崖っぷちタレントの1人です。元々エイベックス所属で姉も倖田來未という恵まれた環境でしたが、今はメディアに露出することも少なく、YouTubeも登録者はそこそこいるものの再生回数が少ないため、終わったタレントとして見られていました。主な収入も小さい営業やブログ、YouTubeの広告収入でしょう。そこに登場したのが親代わりと言っている島田紳助です。ノーギャラでmisonoのためだと綺麗事を言い、mizonoもブログでそこを強調しています。しかし、島田紳助は自身がどの位のパワーをいまだに持っているか分かっている。芸能界復帰の声が高まるのも計算している。もちろん、実際にはYouTubeでも話したように復帰は無いでしょうが、自分が黒幕となってカリスマ性を高めたいという目論見はあるだろう。すべて計算づく、そこが島田紳助の頭の良さでしょう」(前出在版スポーツ紙記者)


 スポーツ紙記者の推測が事実であれば、島田紳助は表に出ないでクイズヘキサゴンなどに出ていた可愛がっていたタレントを動かそうとしているのか。島田紳助が芸能界の黒幕になる日は果たしてあるのであろうか。


 misonoのYouTube公式チャンネルの登録者数は原稿を書いている時点で10,5万人、島田紳助の登場した動画の再生数は430日万回再生を超えている。

tocana

「島田紳助」をもっと詳しく

「島田紳助」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ