ボタンを押す練習中の2歳児 店から出るサラリーマンの『神対応』にキュン!

1月18日(土)10時48分 grape

子供は、成長するにつれて何でも自力でやりたがるようになります。

1人で服を着たり、自分の足で1段ずつ階段を下りたり…誰しもそんな練習を繰り返して大人になっていきます。

ですが、「誰かの邪魔になっていないか」と親がハラハラする場面も少なくありません。

2児の母親である、ようみん(mamayoubi)さんの次女のエピソードをご紹介します。

『神対応のお兄さん』

ボタンを押したがるようになった2歳の次女。店によくある『ボタン式の自動ドア』の場合、自力でボタンを押せないと満足しません。

自動ドアが開いていても、わざわざ閉まるのを待つほどボタンを押すのが好きなのです。

ある日、スーパーマーケットの自動ドアの前で次女が止まってしまったので、ボタンを押せるまでようみんさんは見守ることに。邪魔にならぬよう、周囲に人がいないことを確認したのですが…。

練習の途中、買い物帰りのお兄さんが登場。「我が子が邪魔になってしまう」と思ったようみんさんは焦ります。

しかし、お兄さんは次女のことを邪魔に思うことなく、むしろ口パクで応援してくれたのです!

お兄さんの神対応に、ようみんさんだけでなく読者も心をつかまれました。

・状況を察してくれて応援まで…素敵すぎます!

・行動がイケメン。

・こんなに心が広い人っているんですね!日本も捨てたもんじゃないな。

子育て中、親は肩身の狭い思いをしやすいもの。

お兄さんのような、心に余裕のある優しい人に出会えたら心にしみそうですね!


[文・構成/grape編集部]

出典 mamayoubi

grape

「神対応」をもっと詳しく

「神対応」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ