現役ツイッター社員が衝撃暴露「あらゆるツイート・写真・DMは永久保存され、自由に閲覧可能」「削除してもムダ。男性器の画像多すぎ」

1月18日(木)7時0分 tocana

イメージ画像は、「Thinkstock」より

写真を拡大

 全世界のユーザー数3億人以上、日本国内でも4500万人が利用しているといわれる「Twitter」。1ツイートわずか140字(日本・中国・韓国以外は280字)という制約ながら、逆にその簡便さのため世界中で絶大な人気を誇っている。これだけのユーザー数がいれば、日々やり取りされるメッセージ量も膨大な数になると想像できるが、ユーザーの承認したアカウントしか見ることができない鍵付きアカウントや、特定のアカウントにプライベートメッセージを送るDM(ダイレクトメッセージ)機能があるため、その中には私的なメッセージも含まれていることだろう。こういったメッセージはあまり人に知られたくないものだが、この度、全Twitterユーザーを震撼させるとんでもない事実が明らかになった。なんと、DMや削除したメッセージも含め全てのメッセージはTwitterのサーバーに保管されており、Twitter社員はそのサーバーに無制限でアクセスできるというのだ!


■Twitter社員の仕事は“大量の男性器画像”を見ること

 英紙「Daily Mail」(16日付)などによると、今月6日、ゲリラ的な潜入・隠し撮り取材で知られる米NGO団体「プロジェクト・ヴェリタス」が、米某所で複数のTwitter社員らに直撃取材を敢行。Twitterの赤裸々な内情が明らかになったという。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/01/post_15691_entry.html】

 上級ネットワークセキュリティエンジニアであるクレイ・ハインズ氏は、Twitterユーザーの個人情報を分析することが専門とのことだが、取り扱っている個人情報というのが、その実、大量のわいせつ画像やメッセージだというから驚きだ。

「わいせつ画像を分析するためのチームがあります。チームには300〜400人がいますが、彼らのやっていることといえば、男性器の写真を見て報酬を受け取るということですよ。私も通報があったツイートを見なければならず、大量の男性器を眺めています。本当に馬鹿げてますよ」(ハインズ氏)


■DMや削除メッセージへのアクセス権も

 さらに、DMエンジニアのプラナイ・シン氏によれば、全てのツイートやDMは彼のサーバーに保管されており、たとえユーザーが自身のアカウントからそれらのメッセージを削除したとしても、サーバーから消えることは永遠にないと語る。

「ユーザーの全ての不倫相手、性的関係を持った全ての女性とのやりとりが私のサーバーに残ってますよ。全てのメッセージは消えません。あなたが送った全てのメッセージは分析され、そのデータは広告会社に売られていくんです」(シン氏)

 驚きの発言の数々だ。確かにDMであってもTwitterがユーザーの情報を見ることは容易だと思われるが、実際に現場で働く上級エンジニアの口から事実を聞かされると背筋に寒いものを感じる。近年、セレブらだけでなく多くの政治家もTwitterを利用しているが、彼らも人間だ。公式アカウントはいざ知らず、個人的なアカウントでは気が緩むこともあるだろう。このニュースを読んで肝を冷やしている方も多いのではないだろうか。


■プロジェクト・ヴェリタスの取材方法に非難

 しかし、大スクープをものにした「プロジェクト・ヴェリタス」は、取材方法や編集方針がかなり恣意的だと批判されており、米国内での評判はあまりよろしくないようだ。そもそも、同団体を創設した自称「ゲリラ・ジャーナリスト」で保守系活動家のジェームズ・オキーフ氏は、大手メディア記者や左翼団体を相手に、取材であるとは相手に伝えず、隠し撮りした映像を都合よく編集することで知られている人物で、過去には、米有名政治家に10代の頃に妊娠させられたという女性をワシントンポスト紙の記者に引き合わせ、記者から失言や都合よく解釈できる言葉を引き出そうとしたが、実はこの女性は妊娠などしておらず、全てがオキーフ氏の自作自演だったことが発覚している。そして、「プロジェクト・ヴェリタス」も、このようなオキーフ氏の取材方法を踏襲しているものと見られている。


■Twitterは公式に否定しているが……

 英紙「The Independent」(16日付)によると、Twitter社は今回の報道を受け、一切の嫌疑を否定するコメントを発表したという。それによると、プロジェクト・ヴェリタスの恣意的な編集により事実を歪められており、社員らが語ったようにDMをレビューすることはないとのことだ。Twitter社のスポークスマンも、「限られた社員は、合法な作業目的で個人情報にアクセスできる」と語っているが、アクセス権を持つ社員の数や、具体的な個人情報の内容までは説明していない。また、Twitterの元エンジニアは、社員らの語った内容はある程度正確だが、酔っ払っているため誇張されてしまっていると苦言を呈している。

 とはいえ、隠し撮りされているとは夢にも思っていないTwitter社員らは、フランクな気持ちで“事実”を喋ってしまった、という可能性もあるだろう。白黒つけるのは今後の調査を待ってからでも遅くないのではないだろうか。
(編集部)

※イメージ画像は、「Thinkstock」より

tocana

「Twitter」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「Twitter」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ