年金を月30万円もらうには、現役時代にどのぐらいの収入が必要?

2024年1月20日(土)21時40分 All About

年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、現役時代にどのぐらいの収入があれば、将来、年金を月30万円もらえるのかについてです。

写真を拡大

老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。
今回は、現役時代にどのぐらいの収入があれば、将来、年金を月30万円もらえるのかについてです。

Q:年金を月30万円もらうには、現役時代にどのぐらいの収入が必要?

「老後はできるだけ年金を多くもらいたいです。月30万円の年金が理想です。現役時代に、いくらぐらいの年収があればもらえますか?」(匿名希望)

A:年収の目安は1216万円です

月額30万円の年金がもらえると、年金生活の不安が軽減されることと思います。では、将来、毎月30万円の年金を受け取れる会社員の現役時代の年収について計算してみます。
前提条件は、平成15年4月以後に40年間厚生年金に加入、ボーナス込みで、40年間の年収は一定とします。
平成15年4月以後の厚生年金額は、平均標準報酬額×5.769/1000×加入月数(※)で計算します。
※従前額保障での計算方法。スライド率等については省略。乗率は昭和21年4月2日生まれ以降の人の新乗率を使用。標準報酬月額の上限は65万円、標準賞与額の上限は150万円とします
老齢基礎年金は月額で約6万6250円(令和5年度満額)を受給できるとします。
この条件で考えると、将来、毎月30万円の年金を受け取るためには、老齢厚生年金は月額23万3750円(30万円−6万6250円)受け取る必要があります。
老齢厚生年金を月額23万3750円(年額280万5000円)受け取るための年収を計算すると、現役時代の年収の目安は1216万円です。
●計算式
平均標準報酬額×5.769/1000×480カ月(加入期間)=280万5000円(年間の厚生年金受給額)
平均標準報酬額=280万5000円/(5.769/1000×480)≒101万2957円
平均標準報酬月額を年収に換算します。
101万2957円×12カ月≒1216万円(年収)
ただし、なかなか月30万円の年金がもらえる年収を得られる人は少ないかもしれません。標準報酬月額の上限は65万円と決まってます。年収1216万円にするためには、毎月の給与などを65万円×12カ月受け取った上で、標準賞与額の上限である150万円の賞与を年に3回もらう必要があるからです。
ただし、老齢厚生年金は、要件を満たす配偶者がいると、配偶者が65歳になるまで配偶者加給年金額を上乗せして受け取ることができます。令和5年度の配偶者加給年金額は39万7500円(昭和18年4月2日以後生まれの人、特別加算額を含む)です。こういった金額がプラスされれば、月額30万円の年金額に近づけることができるかもしれません。
監修・文/深川 弘恵(ファイナンシャルプランナー)
都市銀行や保険会社、保険代理店での業務経験を通じて、CFP、証券外務員の資格を取得。相談業務やマネーセミナーの講師、資格本の編集等に従事。日本FP協会の埼玉支部においてFP活動を行っている。
(文:All About 編集部)

All About

「年金」をもっと詳しく

「年金」のニュース

「年金」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ