南大西洋でM6.1、前日から世界で続く4回目のM6.0以上地震

1月20日(月)17時33分 地震NEWS


2020年01月20日日本時間15:51に南大西洋の南サンドイッチ諸島でM6.1の地震が発生した。今回の震源付近では2018年12月にM7.1の大地震が起きていた他、2019年にも複数回のM6.5以上が観測されるなど地震の多い場所。


2020年01月20日15:51 M6.1 南サンドイッチ諸島(深さ約91km)

2020年に世界で発生したM6.0以上の地震としては8回目。前年に起きた8回目のM6.0以上が2019年01月21日のインドネシアM6.0であったことに照らせば今年のM6.0以上発生ペースは今のところ前年並みと言えるが、01月19日からインドネシアM6.0、中国M6.0、再びインドネシアM6.0そして今回の南サンドイッチ諸島M6.1と続いているだけに、数日間は世界的な地震活動を注視していく必要があるだろう。

南サンドイッチ諸島周辺では2019年11月にもM6.1が観測されていた他、ごく近くでも2019年04月にM6.5、2019年08月にM6.6と昨年はM7クラスが複数回発生していた。

また2018年12月には今回の震源から北側でM7.1が起きていた他、1961年09月にもM7.3の大地震が記録されている。

付近で今回と同規模の地震が発生した際の事例にそれほど顕著な特徴は見られなかったが、5例中3例で千島列島における2ヶ月以内M6.5以上が起きていた他、日本では2例で2ヶ月以内M6.5以上に繋がっていた。

1973年04月の南サンドイッチ諸島における地震から7週間後の1973年06月17日に発生した根室半島沖地震(M7.4・震度5)と、2004年09月の事例から6週間後の2004年10月23日に発生した新潟県中越地震(M6.8・震度7)である。


※画像はU.S. Geological Surveyより。

地震NEWS

「地震」をもっと詳しく

「地震」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ