泣ける恋愛映画はこれ! 388人の女性に聞いた、邦画・洋画別ランキング

1月20日(土)17時10分 マイナビウーマン

泣ける恋愛映画はこれ! 388人の女性に聞いた、邦画・洋画別ランキング

写真を拡大

日常にドラマティックなできごとなんてなかなかないもの。なので、たまには感動的な恋愛映画で思う存分泣いてみるのもいいいかも。ただ、ひとくちに泣ける恋愛映画と言っても、名作と呼ばれるものから最新作までさまざまなものがあります。今回は女性388人に聞いた、邦画・洋画の泣ける恋愛映画ランキングをご紹介。泣けるポイントもまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。



■恋愛映画で泣いたことがある?

恋愛映画といえば、感動的な予告編や「泣ける!」というCMを見かけることが多いですが、どれくらいの人が実際に恋愛映画を見て泣いたことがあるのでしょうか?

◇恋愛映画を観て泣いたことがある人の割合は?

Q.恋愛映画を観て泣いたことはありますか?

・ある……58.8%

・なし……41.2%

※有効回答件数388件

約6割の女性が恋愛映画を見て泣いたことがあると答えました。では、実際にどんな映画を見て泣いたのか、次の項目でご紹介します。

■泣ける恋愛映画ランキング(邦画編)

日本の映画の中で「泣ける恋愛映画」、 アンケートによるベスト3は次の通り。果たしてどんな作品がランクインしているのでしょう。また、それぞれ泣けたポイントについても聞いてみました。

※一部の回答にネタバレを含みます。

◇日本の泣ける恋愛映画ランキングベスト3

☆1位:世界の中心で、愛を叫ぶ(2004年、東宝)

・「高校生の純粋な恋愛に泣けました」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「彼女が亡くなる場面は当時、悲しくて仕方なかった」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「主人公が叫んでいるシーンは、辛い思いがピークすぎて泣いた」(27歳/医療・福祉/専門職)

☆2位:いま、会いにゆきます(2004年、東宝)

・「純粋でひたむきなところが胸を打たれた」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・夫婦愛と親子愛で感動した(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・一途に相手を思うことの素晴らしさを感じたから(30歳/その他/販売職・サービス系)

☆3位:恋空(2007、東宝)

・「大事に思うからこその行動の重さに感動し涙が出た」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「2人がすれちがうところや登場人物が最後に死んでしまうところ(27歳/医療・福祉/専門職)

・「携帯小説が流行っていた時代で、これほどの大恋愛がしたいと思っていた(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

『世界の中心で、愛を叫ぶ』が断トツの1位でした。当時テレビCMも話題になり、観客動員数324万人を記録した大ヒット映画なので、観たことがある人も多いのでは? 第2位の『いま、会いにゆきます』は、夫婦愛だけでなく、家族愛でも泣けたという声も多くありました。第3位の『恋空』は、当時流行の携帯小説が原作。ドラマ化、映画化もされ、回答者の女性たちが10代のころにヒットした作品であり、心に残っているのかもしれません。

■泣ける恋愛映画ランキング(洋画編)

続いて海外の映画の中で「泣ける恋愛映画」についても聞いてみました。アンケートによる泣ける洋画ベスト3は次の通り。

※一部の回答にネタバレを含みます。

◇洋画の泣ける恋愛映画ランキングベスト3

☆1位:タイタニック(1997年、アメリカ)

・「主人公が死んでしまうことへの喪失感で泣いたし、お互いを思う気持ちが伝わってきたので感動できた」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「運命的な出逢いをした恋人同士が死別した場面」(33歳/その他/その他)

・「壮大なスケールでとても美しかった。また、物語に命がかかっていて胸がしめつけられました(32歳/建設・土木/事務系専門職)

☆2位:きみに読む物語(2005年、アメリカ)

・「一途な思いと彼氏の優しさに泣けた」(27歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「愛の強さを感じた」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「ラストの夫婦が一緒に亡くなるところ(28歳/医療・福祉/専門職)

☆3位:美女と野獣(2017年、アメリカ)

・「ストーリーは熟知しているが、お互いが相手の心を見つめる姿に涙が出る」(31歳/その他/専門職)

・「結末は知っていたが、俳優の演技がよかったから(27歳/医療・福祉/専門職)

・「ダンスシーンで歓喜余って泣いてしまいました」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

こちらも『タイタニック』が2位以下を大きく引き離しての第1位。主人公たちの悲恋だけでなく、多くの人の運命が飲み込まれていく様子に涙した人も多いようです。また、第2位の『きみに読む物語』は、アルツハイマー症により相手を愛していたことさえも忘れてしまうことに切なさを感じるという声が多数ありました。実は惜しくも第4位だった『私の頭の中の消しゴム』もアルツハイマー症がキーになっており、見る人が涙するポイントになっていると言えます。『美女と野獣』はあまりに有名で展開を知っている人も多いものの、映像の美しさや、優雅なダンスシーンも観る人の心を盛り上げて「泣ける」映画になっていたようです。ちなみに、少数意見の中には韓国映画が多く入っていました。「韓国映画はベタだけど泣けるものが多い」とのこと。

■泣ける恋愛映画で感動してみよう

アンケート結果を見ると、全体的に「愛する人の死」を題材にした映画が多く挙げられていることがわかりました。登場人物に自分や好きな人を重ねるとつい目頭が熱くなりますよね。気持ちが動いたり思い切り涙を流すのは心にとっても良いこと。あなたにぴったりの泣ける恋愛映画を探してみましょう。

(文:前田郁)

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2017年12月21日〜12月23日

調査人数:388人(22〜34歳の女性)

マイナビウーマン

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

BIGLOBE
トップへ