「常識って教えてくれないのに知ってて当然みたいな空気がイヤ!」 漫画『アスクミ先生に聞いてみた』 1時間目 常識ってどこで知るの?

1月20日(月)17時0分 ねとらぼ

率直な質問に答えてくれるアスクミ先生

写真を拡大

 「常識ってどこで知るの?」「デートの自撮り、うざくない?」——学校では教えてくれないみんなの率直な質問に、阿須名久美(アスクミ)先生がズバリ答えてくれる漫画『アスクミ先生に聞いてみた』(作:後藤羽矢子)。ねとらぼアンサーでは同作を隔週で出張連載します。みんなの疑問もこれで解消!?
●1時間目 常識ってどこで知るの?
 1時間目のテーマは「常識ってどこで知るの?」。アスクミ先生のもとを訪れた生徒が、バイト先で「電話対応で同じ職場の人にさん付けしたら、『今の若い子は常識を知らない』とバカにされた」と愚痴をこぼします。「常識」は誰も教えてくれないのに知らないとバカにされる——「知っててほしいなら学校で教えろ!」
 そんな彼女にアスクミ先生は、「常識は経験で覚えていくものというところもある」「恥をかきつつ空気を読みながら知っていくもの」と教えてくれます。背景を知らないと「何の意味が!?」と思う常識もあるし、同世代の間の常識が他の世代に通じないということも……いろんなところにいろんな常識がありますが、「常識は知らない人をバカにするためのものじゃない」というアスクミ先生の言葉に、生徒の心は軽くなるのでした。
 「常識」というとみんなが知っていて当たり前というイメージですが、経験の積み重ねで得るものだけに、年若い人は知らないということもあるでしょう。それをバカにせずに教えるのが大人の対応ってやつですよね。それに常識は状況によって変わる相対的なもの。自分の常識が絶対だと思い込まないことも大事です。
(C)後藤羽矢子/竹書房

ねとらぼ

「常識」をもっと詳しく

「常識」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ