【大学入学共通テスト2021】追試験の対象1,729人、再試験116人

1月20日(水)19時15分 リセマム

令和3年度大学入学共通テスト(1月16日・17日) 追試験の実施について

写真を拡大

大学入試センターは、令和3年度(2021年度)大学入学共通テスト本試験の追・再試験受験対象者について、2021年1月20日午後2時現在の状況を発表した。対象者は、追試験が1,729人、再試験が116人。

 大学入学共通テストの第1日程が2021年1月16日と17日の2日間行われた。追・再試験受験対象者は、追試験が1,729人、再試験が116人。なお、確定出願者数は、1月16日・17日の第1日程が53万4,527人、1月30日・31日の第2日程が718人。

 追試験の事由は、疾病・負傷が1,579人、事故などが150人。試験場大学別にみると、東京大学が419人ともっとも多く、大阪大学121人、横浜国立大学104人、名古屋大学97人、千葉大学と神戸市外国語大学が各95人など。

 再受験の対象者は、1日目が3試験場で75人、2日目が2試験場で41人。稚内北星学園大学試験場では、雪害のため73人が1日目全教科の再試験対象となった。苫小牧駒澤大学試験場で配慮用試験問題冊子の送付誤りのため1人、東洋学園大学試験場で連絡員による誘導誤りのため1人が、いずれも地理歴史、公民の再試験対象となった。

 また、静岡大学情報学部試験場で11人が数学1、岐阜協立大学試験場で30人が数学2で正規の試験時間を確保しなかったため再試験受験の対象となった。

 今後、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う学業の遅れを在学する学校長に認められた者を対象とした第2日程および第1日程の追試験が1月30日と31日、特例追試験が2月13日・14日に行われる。

リセマム

「大学入学共通テスト」をもっと詳しく

「大学入学共通テスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ