「エースのジョー」宍戸錠さん逝去 豪快なエピソードの数々で世を賑わせた豪傑

1月21日(火)21時50分 ガジェット通信

「エースのジョー」宍戸錠さん逝去 豪快なエピソードの数々で世を賑わせた豪傑

写真を拡大

「エースのジョー」の愛称で個性派俳優として人気を博した宍戸錠さんが亡くなっていたことがわかった。享年86歳。

宍戸さんと言えば若かりし頃、悪役としてのキャラクターを強調するために頬を膨らます整形手術を受けたり、1000人以上の女性と関係を持ったことを豪語したりと数々の常識ばなれしたエピソードで知られた豪傑。

晩年になってもその気風は衰えず、2013年には愛犬に「サダム・フセインコ」「ムサシマルコ」と名付けていることが話題になりガジェット通信でも取り上げさせていただいたことがあった。

【関連記事】「宍戸錠さんの愛犬“サダム・フセイン子” 火災報道で注目」
https://getnews.jp/archives/288402

芸能界でもコンプライアンス遵守の風潮がはびこるこの頃。今後、彼のような痛快な大スターが誕生することはあるだろうか。つくづく“昭和は遠くなりにけり”だ。

宍戸さんの生前のご活躍を偲ぶと共にご冥福をお祈りしたい。

※画像は宍戸錠オフィシャルウェブサイト(リンク)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

—— 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「宍戸錠」をもっと詳しく

「宍戸錠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ