孫正義育英財団、第3期支援人材を2/28まで募集

1月21日(月)16時45分 リセマム

孫正義育英財団

写真を拡大

孫正義育英財団は2019年1月21日から2月28日まで、25歳以下を対象に第3期支援人材を募集する。選考を通過した支援人材は、最長5年間財団生として認定され、希望者には支援金を給付する。今回の募集に伴い、2月9日に志望者向け説明会を開催する。

 孫正義育英財団は、来るシンギュラリティーを見据え、高い志と異能を持つ若手人材に自らの才能を開花できる環境を提供し、人類の未来に貢献することを目的として2016年に設立された財団。2018年8月時点で、7歳から27歳までの合計145人を支援人材として認定している。

 支援人材は、渋谷と米国ボストン、パロアルトに開設した財団生専用施設「Infinity」において、各種設備、書籍、ガジェットなどを利用できるほか、財団理事をはじめとした、各業界の専門家や有識者による講演会やネットワーキングイベントなどに参加できる。さらに、希望者に対しては支援金の給付も行う。

 支援金の給付については、選考委員会の選考を経て支援内容や金額などを個別に決定する予定。原則として、返済の義務はない。具体的な給付金は、学費および生活費(海外留学の場合の留学費用を含む)のための奨学支援と、研究のために発生する費用および必要な生活費のための研究支援など。給付期間は最長5年間。

 対象は、応募時点で25歳以下。「分野は問わず、国際大会または全国大会規模のコンテストで優秀な成績を収めた者」「国際的に通用する資格を保有、または団体に所属している者」など5つの応募資格のうち、いずれかを満たしていることが条件。

 第3期支援人材の応募は、孫正義育英財団Webサイトにて2月28日まで受け付けている。募集人数は60人程度。支援人材は初年度の1年間限定で「準財団生」に認定され、1年間の活動実績をもって財団生認定可否を判断される予定。準財団生認定期間を含む最大5年間、財団生として在籍可能で、1年に1度延長希望を確認する。5年間の満期を迎えた場合でも、5年に1度の延長認定審査を経た場合、28歳まで在籍可能。

 今回の募集に伴い、2月9日に志望者向け説明会を開催する。財団概要および支援内容、選考フロー説明、財団生紹介を行う予定で、説明会の模様はライブ中継を行う。説明会の参加およびライブ中継の視聴には、事前登録が必要。

 事前登録は、2月4日午前0時までWebサイトにて受け付けている。会場参加の希望者多数の場合は抽選のうえ、2月6日までに抽選結果を連絡する。ライブ配信については、事前申込者に対し、2月7日までに閲覧方法を案内する。YouTubeでの限定配信を行うため、Googleアカウントが必要。

◆孫正義育英財団 第3期支援人材募集
対象:応募時点で25歳以下かつ下記(1)〜(5)の応募資格のいずれかを満たしている者
(1)分野は問わず、国際大会または全国大会規模のコンテストで優秀な成績を収めた者
(2)国際的に通用する資格を保有、または団体に所属している者
(3)学業や研究活動において、明らかに秀でた成績や成果を収めている者
(4)起業準備中、または、すでに自身の経営する事業で業績を上げている者
(5)孫正義育英財団事務局の論文選考で優れた思考を発揮している者
募集期間:2019年1月21日(月)〜2月28日(木)
募集人数:60人程度
応募方法:孫正義育英財団Webサイトにて応募する

<志望者向け説明会>
日時:2019年2月9日(土)14:30〜16:00(14:00受付開始)
会場:孫正義育英財団施設「Infinity」(東京都渋谷区渋谷1-23-21 渋谷キャスト2階)
対象:第3期支援人材 志望者本人
締切:2019年2月4日(月)0:00
申込方法:Webサイトにて応募する
※会場参加の希望者多数の場合は抽選のうえ、2019年2月6日(水)までに抽選結果を連絡する
※ライブ配信については、事前申込者に対し、2019年2月7日(木)までに閲覧方法を案内する

リセマム

「財団」をもっと詳しく

「財団」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ