硬いバターが塗りやすくなり、料理の美味しさもアップ。バターナイフ3選

1月21日(火)18時0分 roomie

バターって、美味しいけれど硬くて扱いにくいんですよね。使うときに適当に削っていませんか?

そんな困りごとを解決してくれる、バターナイフを3つご紹介します!

なお、それぞれの表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

バターを四角くカットして、そのまま塗れるバターナイフ

Image: Amazon.co.jp

貝印の「四角く切れるバターナイフ」は、四角くキレイにバターをカットできます。これなら取りすぎた!なんてこともありません。たくさん刃物を製造しているメーカー、貝印製なので、切れ味も期待できそう。

Image: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

バターを四角くカットしたら、そのままバターナイフとして使用可能。塊のバターからトースト1枚分をとって、塗る作業がスムーズにできそう。

ステンレス製なので丈夫な上に、衛生的。見た目もスタイリッシュなので、食事がいっそう楽しめそうですね。




src="https://m.media-amazon.com/images/I/312f+6s2IdL.jpg" alt="貝印 KAI 四角く切れる バターナイフ Kai House SELECT FA5162">



貝印 KAI 四角く切れる バターナイフ Kai House SELECT FA5162

¥314 Amazonで見てみる





バターを筋状に削げるバターナイフ

Image: Amazon.co.jp

Happyストアの「バターナイフ」は、洋食器メーカーの職人が作った日本製とのこと。バターを細かく筋状に削いで、トーストの上に薄く塗り広げることができます。冷蔵庫から取り出したばかりのバターが塗りにくいという、ストレスから解放。

Image: Amazon.co.jp

細かい筋状にすることでバターの摂取量が減り、カロリーもその分オフ。しかも、バターがふんわりとして新触感の美味しさに。

Image: Amazon.co.jp

バターだけでなく、チーズをパスタの上で削ったり、お菓子作りのときにチョコレートを削ったりできて便利ですよ。

さらに食器洗い乾燥機の使用もできるので、手間なく使えるのも嬉しいですね。




src="https://m.media-amazon.com/images/I/511T8pXg2cL.jpg" alt="バターナイフ 日本製 ステンレス とろける バターカッター バター削り オリジナルメモ セット">



バターナイフ 日本製 ステンレス とろける バターカッター バター削り オリジナルメモ セット

¥1,300 Amazonで見てみる





手の熱が伝わり、ほどよくバターを溶かすバターナイフ

Image: Amazon.co.jp

硬いバターを塗りやすくしてくれるバターナイフはほかにもあります。

スケーターの「熱伝導アルミ製バターナイフ」は熱伝導力に優れており、握ると熱がバターに伝わって、スッとすくえるのだそう。

Image: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

ナイフの接触面だけをとかすので、バター全体の風味を損なうことはありません。また、先端部は波型ナイフになっているので、ビン入り食材もすくいやすそう。




src="https://m.media-amazon.com/images/I/31S1FcSTy9L.jpg" alt="スケーター アルミ製 スッと とろける 波型 バターナイフ 15.8cm ANBT1">



スケーター アルミ製 スッと とろける 波型 バターナイフ 15.8cm ANBT1

¥505 Amazonで見てみる





バターナイフはどれも同じだと思っていたけれど、こんなに便利なものがいろいろあるのは驚きです。

ちょっとこだわるだけで、食事の時間が快適になり、料理がもっと美味しくなりそうですね。

貝印 四角く切れるバターナイフ[Amazon]

Happyストア バターナイフ[Amazon]

スケーター 熱伝導アルミ製バターナイフ[Amazon]


roomie

「バター」をもっと詳しく

「バター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ