「会計は席で」など、お店からのお願いには理由がある

1月21日(火)7時0分 NEWSポストセブン

「会計はお席で」には理由がある

写真を拡大

 居酒屋で鍋を囲んでお酒を酌み交わす。ボルテージの上がる宴席で自分ではよかれと思ってしたことが、実は迷惑になることもあるようで…。


 客からすれば“よかれと思って”“悪気はないけどつい…”といった行為を日々、居酒屋の店員は目のあたりにしている。


 では、お店からの「会計はテーブルで」などのお願いにはどんな意味があるのだろう? そんな注意書きが書かれているものの、「別にレジに行っても大丈夫でしょ?」と思ったり、あとは店員が忙しそうにしているためなかなかつかまらない場合はそのお願いを無視してレジに皆で向かってしまう。


 だが、飲食店店員はこう嘆く。


「うちの店は狭いのでテーブル会計をお願いしています。しかし“忙しそうだから”とレジで支払われると、出入口や動線が塞がれてスタッフやほかのお客様が戸惑います。それでいて別会計を要求するなど気遣いがちぐはぐなケースも」


イラスト/二平瑞樹


※女性セブン2020年1月30日号

NEWSポストセブン

「居酒屋」をもっと詳しく

「居酒屋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ