「平日に温泉」行けている人の割合は?【1000人調査】

2024年1月22日(月)10時4分 マイナビニュース

BIGLOBEはこのほど、温泉に関する意識調査の結果を発表した。調査は2023年11月16日〜11月17日、全国の20代から50代の男女1,000人を対象にインターネットで行われた。併せて、「第15回 みんなで選ぶ 温泉大賞」の中間結果も発表した。
○平日に温泉に行く人は44%
男女1,000人に、温泉(旅行)に行く際に費用や混雑を考慮し、「温泉(旅行)は平日に行くか」という質問をしたところ、「平日に温泉に行っている」と回答した人の割合は「あてはまる/ややあてはまる」をあわせて44.3%と半数以下だった。反対に「平日に温泉に行きたい」という回答では「あてはまる/ややあてはまる」をあわせると68.3%と7割近くとなった。温泉(旅行)は平日に行ってゆったりしたいと思っている人は多いが、実際に平日に行っている人は少ないという現状が浮き彫りに。
全国の20代から50代の男女1,000人に「(費用や混雑という課題が言われていても)温泉は好き」かという質問をしたところ、「あてはまる」と回答した人の割合は66.6%と約7割となった。
○「温泉大賞」中間結果1位は草津温泉(群馬県)
現在、旅行比較サイト・アプリ「BIGLOBE旅行」において、「第15回 みんなで選ぶ 温泉大賞」の投票を実施している。「温泉地部門(総合)」の中間結果では、草津温泉(群馬県)が1位となった。
草津温泉に投票した人からは、「掛け流しが当たり前で湯量が豊富、泉質が良い。湯治によい」(神奈川県 40代女性)、「風情のある温泉街と、見応えのある湯畑、スケールの大きい湯船は他では味わえない魅力でした」(東京都 50代男性)といったコメントが寄せられたという。
投票期間は2月14日15時まで。最終結果は3月中旬に発表される。

マイナビニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ