ささいなことをなんで流せないの……彼氏に対する『イラッ』対処法

1月22日(水)7時30分 yummy!

彼氏に限らず、人と人とが関われば、ちょっとした事でもイラッとしてしまうタイミングはあります。
彼氏、特に同棲を始めたタイミングや、半同棲状態の人なら、「あとから考えればささいなことなのに、なんであのときは許せなかったんだろう?」と考え込んでしまうような経験って多いと思います。
これからもっと関係を深めて、家族になりたいのに……
そんなあなたのヒントになるかもしれません。
彼氏の小さなことにイラッとしないためのコツ、いくつかご紹介します。

目次

彼氏への気持ちを日々更新してささいな『イラッ』を予防


まず、彼の前にいるときは、とにかく好きを連呼します。
まるで脳みその入っていない手段に見えますが、これが意外と効果抜群です。
彼に直接言うのが気恥ずかしければ、心のなかで想うだけでもかまいません。
とにかく「彼のことが好きでたまらない!」とあらためて自分に教えてあげるのです。
「そこまで彼のことが大好きでたまらないわけじゃないし……」というタイプの人でも試せるのは、いいところ探しです。
彼の発言や行動で
「こういうところがこの人のいいところだよね……」
「あー、そういうところを好きになったんだなぁ」
と思えるポイントを探しましょう。
具体的に見つけることで彼に対する愛おしさも増しますし、なにより彼のことを好きな自分にも自信がもてるようになるんです。
こうして、ささいな『イラッ』が発生しづらい環境を整えていきましょう。

上手に彼氏への期待を減らして『イラッ』を予防


もう一つの予防方法は、彼に対する期待を減らすこと。
「これくらいやってくれるでしょ」
「たまには愚痴も黙って聞いてくれるかな」
などの期待を淡くでも抱いてしまい、それが裏切られるとき『イラッ』としてしまうのです。
でも、期待をしないのは難しいんですよね。
そこでオススメなのは。彼に期待を抱いていることに気づいたら、同時に期待通りにならない未来も予想しておくこと。
たとえば。
「最近は私の帰りも遅いし、彼は余裕あるみたいだから、ご飯くらい炊いておいてくれてるかな……」と思ったときには「でも、いつも私がやってるし、趣味に時間使っちゃってるかもしれないな」「いっしょに過ごすようになってから1人の時間減ってるもんね」など、彼の気持ちを考えるのです。
とはいっても、あなたばかりが我慢するのはおかしなことですから、彼に対して期待することがあったらどんどん相談しましょう。
そうやって、お互いにとって居心地のよい関係を作り上げていきましょう!

彼氏に『イラッ』としたらまずこうすればOK!


最後にご紹介するのは、より実用的な彼に対する『イラッ』の対処法です。
それは、理由を探ること。
彼の発言、行動、態度、姿勢、考え方……そういったものに対して『イラッ』という感情が生まれるはず。
たとえば、家事を手伝ってくれないとか。
話し方が、自分に当たっているかのようだとか。
では、なぜ彼はそんな行動・態度をしたのでしょうか?
家事を手伝わないのは、純粋に彼の習慣にないのかもしれません。
あるいは、まだやらなくていいだろうと思っているのかもしれません。
いつもすすんで家事をしてくれるあなたに甘えているのかもしれません。
毎回同じ理由で家事をやっていないのだとは限りませんが、必ず理由があってのこと。
「なんでやらないの?」
と怒りの気持ちが芽生えそうになったら、自分の中で「なんで?」を考えてみるんです。
そのあと、冷静になってから彼に尋ねてもいいでしょう。
「もう少し手伝ってくれたら2人の時間も増えるんだけどな……」と甘えてみれば、きっといい解決策が見つかりますよ。
こんな風に、自分がイラッとしてしまう理由を探ってみるといいかもしれません。

さいごに


彼氏に対して『イラッ』としてしまうことを0にするのは不可能です。
でも、ささいな『イラッ』の原因を見つめてあげ、しっかりと予防をすれば、素敵なカップルになれるはず。
愛する彼との生活が少しでも穏やかで幸せ溢れるものになりますように!
(廣瀬伶/ライター)

yummy!

「タイミング」をもっと詳しく

「タイミング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ