九州素材のローカルスイーツ「九州パンケーキカフェ」がアジアでの店舗展開を加速 〜台湾・シンガポールに続き、北京での展開もスタート!〜

1月23日(木)10時0分 @Press

九州産の農業素材と伝統加工技術で“KYUSHU”の魅力を伝える、KYUSHU ISLAND(九州アイランド)ブランドの展開を進める株式会社一平ホールディングス(本社:宮崎県宮崎市、代表取締役社長:村岡 浩司)は、中華人民共和国(以下、中国)において広告企画やプロモーション・貿易事業を営む衆通グループ株式会社(ZHONG GROUP、本社:中国北京市、総経理:林 柏宏)と事業提携における基本合意契約を締結致しました。

今後、当社の代表的なブランドである「九州パンケーキカフェ」の店舗展開及び、「KYUSHU ISLANDブランド」の加工食品の流通を中国全土(香港、マカオを含む)にて展開致します。「九州パンケーキカフェ」は今後、2020年夏に中国1号店を北京市にて開業し、3年間で20店舗を目標としています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203710/LL_img_203710_1.jpg
九州パンケーキ

■九州パンケーキについて
「九州の素材だけでつくりたかった、毎日のおいしさ」をテーマに、安心・安全の素材でつくった九州生まれの地産パンケーキです。風味豊かな大分県産小麦をはじめとして、宮崎県綾町で農薬を使わず育てられた合鴨農法の発芽玄米、長崎県雲仙のもちきび、佐賀県の胚芽押し麦、熊本県と福岡県からは稲作の源流である古代米の黒米と赤米、鹿児島県の肥沃な大地で育てられたうるち米、そしてお砂糖は沖縄と鹿児島のさとうきび。乳化剤・香料・加工澱粉などは一切使用していません。生産者と共に地域風土に根ざした商品に育てていくことを目標として、産地と消費者を繋いでいきます。
公式ホームページ: http://www.kyushu-pancake.jp

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/203710/LL_img_203710_2.jpg
パンケーキメニュー(イメージ)


画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/203710/LL_img_203710_3.jpg
九州小麦のガレット

■当社代表 村岡のコメント
「九州パンケーキカフェの海外展開は、九州とアジアとを繋ぐ“食を通じた文化の架け橋”を目指して、既に台湾とシンガポールで地元の皆様にご愛顧を頂いております。この度のZHONG GROUP様との事業提携によって、北京を皮切りに中国での展開をスタートすると共に、更に積極的なアジア圏での展開を進め、アジア各国との地域間交流にも寄与できるよう努力して参ります。」


■会社概要
商号 : 株式会社一平ホールディングス
代表者: 代表取締役社長 村岡 浩司
所在地: 〒880-2214 宮崎県宮崎市高岡町小山田字麓973番地2(ムカサハブ)
URL : https://www.ippei-holdings.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「台湾」をもっと詳しく

「台湾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ