【学生向け】男子が好きな女子をつい見てしまう瞬間・5つ

1月23日(木)8時0分 ハウコレ



「好き避け」って言葉がありますよね。男子が、好きな女子を意識しすぎるあまり、「俺、君のこと好きでもなんでもないから」と目を合わさなかったり、あえて冷たく振る舞ったりするあれです。


しかしこんな「好き避け男子」でも、やっぱりその女子は好きなんです。必ずどうしてもその子のことを見てしまう瞬間があるはず。


逆に、いくら普段は目を合わせてくれない男子でも、この瞬間にあなたのことを見てしまう男子は、あなたのことが気になっているに違いありません。


そこで今回は、20代男子30人に「『好き避け』してる女子のことをつい見てしまう瞬間」について聞いてみました。


■1.教室に入ってくるとき

「その子が教室に入ってくる瞬間は、一度確認してしまうと思う。同じ場所にいるかどうかって、大事だもんね」(大学生/21才)


この瞬間にあなたの存在を確認して、そこから「よしっ。目は合わせないぞ!」と好き避けモードに入るわけです。
なので、好き避けを発動するためにも最初の確認は必要なんですね。教室とかに入るとき、チラッとその男子を見て目が合えば、好き避けかも?


■2.出て行くとき

「逆に、その女子がどっかに行くときもチラ見する。警戒モードを解けるから」(大学生/20才)


1の逆ですね。「よし、もう目を合わせる心配もないぞっ」と安心するためにも、あなたが立ち去る姿を確認しておきたいわけです。このときにもチラッとその男子を見て、目が合うかのチェックをしたいですね。


■3.近くを通ったとき

「その女子が俺の近くを通りかかったときには、横目でチラッと見る。こういうときは、向こうも歩いてるし、目が会う心配ないから」(専門学生/20才)


あとは、好きな女子が自分の近くに来ると、「え、俺に話しかけに来た?」と勘違いしてついつい見てしまうというのもあるみたいですね。
その男子に話しかけにいくフェイクを入れてみましょう。


■4.遠くにいるとき

「同じ部屋の隅っこ同士とか、あっちがかなり遠くにいるときは油断しちゃってけっこうよく観察しちゃうと思う・・・・・・」(営業/23才)


目が合っちゃう可能性が低い状況だと、けっこう見てしまうわけですね、やっぱりそこは「好きな女子」ですから。
あえて男子の遠くに行ってみて、遠目でカレの視線を気にしよう!


■5.男子と話しているとき

「その子が誰か男子と話してたら、『なに! 誰と話してるんだ!』って思って見てしまう。恋してるんだもん」(大学院生/24才)


この瞬間は、いくら好き避けしててもあなたを見ずにはいられないはず。
あえてカレの近くで他の男子と話してみましょう、そのときのカレのリアクションには要注意。
あなたをチラッと見たら、次はカレのところに行ってお話してあげましょうね。


■おわりに

どうでしたか? これら5つの瞬間をうまくつけば、男子の「好き避け」を見破ることができます。
あなたのことをコッソリと想っている男子を、炙りだしちゃいましょう!(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「言葉」をもっと詳しく

「言葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ