土屋鞄、2月のワークショップは「革ベルトのおもちゃ時計つくり」

1月23日(月)12時15分 リセマム

時計のデザインを考える

写真を拡大

土屋鞄製造所は、全国のランドセル専門店10店舗において子ども向けのワークショプ「革ベルトのおもちゃ時計をつくろう!」を2月に無料開催する。針をくるくると手で動かせるおもちゃの時計つくりで、対象は小学生以下。定休日以外毎日開催する。

 土屋鞄製造所では、子どもたちや家族の「今」を残す取組みとして「思い出づくりプロジェクト」を行っている。職人たちが日々感じている「つくる喜び」を子どもたちに伝えることを目的に、店舗でのワークショップや工房での職人体験イベントなどを開催する。取組みのひとつである「まいにちワークショップ」は2013年より実施しており、2016年11月から2017年5月まで、毎月内容を変えて毎日開催されている。

 2月のワークショップでは、針をくるくると手で動かせる革ベルトの腕時計つくりに挑戦する。革の材料を使い、針をトンカチでつけ、文字盤に自由に数字を書きこむ作業を体験。腕につけて時間の勉強ができるオリジナルのおもちゃ腕時計つくりに親子で取り組むことができる。

 開催期間は2月1日〜27日。参加は無料で、小学生以下が対象。各店舗とも1月25日から電話で参加予約を受け付ける。毎月早い段階で予約が埋まる店舗もあるため、早めの予約がお勧めだ。

◆まいにちワークショップ「革ベルトのおもちゃ腕時計をつくろう!」
期間:2017年2月1日(水)〜2月27日(月)
時間:11:15〜/12:15〜/13:15〜/14:15〜/15:15〜/16:15〜/17:15〜
※火曜定休(広島のみ火曜水曜定休)
※材料がなくなり次第終了
対象:小学生以下
参加費:無料
申込方法:2017年1月25日(水)11:00から各店舗に電話で申し込む
実施店舗:童具店(仙台、中目黒、南大沢、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡)

リセマム

「おもちゃ」をもっと詳しく

「おもちゃ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ