エジンバラのにある城の窓辺に現れた「はっきり」幽霊にネットが騒然

1月25日(土)22時30分 カラパイア

no title

 スコットランド、エンジンバラの観光名所のひとつ、ローリストン城。ここでとびっきりの心霊写真が撮影された。

 写っていたのは、城の窓辺にたたずむ女性の姿で、白いエプロンのようなものを着ており、よくある心霊写真とは比べ物にならないくらい鮮明だ。当時、城は無人だったはずだという。

・無人の城の窓に女性の姿

 マジシャンでメンタリストでもあるドリュー・マカダムは、エジンバラのデイヴィッドソンズ・メインズという小さな村にある16世紀のこの城を訪ねた。

 この歴史ある城のまわりを歩き回っている間に、マクアダムスは何枚か写真を撮った。後から、パソコンで撮った写真を拡大していたとき、初めて奇妙なものに気づいた。城の窓のひとつにメイドのような服を着た女性らしき人物が映っていたのだ。


パソコンで編集作業をしようと思ったとき、窓のところに奇妙な人影が写っているのに気づきました。

写真を撮ったときは、誰もいなかったはずです。この写真には一切手を加えていません

 マカダムはFacebookにその写真と問題の箇所を拡大したものを投稿した。

1

何枚か連続して撮っていますが、ほかの写真には写っていません

 マカダムによると、管理人がやってきてカギを開けてくれる前に撮影したので、城は閉ざされていて、中には誰もいなかったはずだという。

パソコンで写真を見て、いったいなんだこれは?と思ったけれど、とても幽霊には見えませんでした。本物の人間のようにクリアに写っています。

マネキンかなにかではないかと言う人もいますが、この城が博物館になっているのは知っていますので、マネキンなどあるはずがありません


・幽霊の噂が絶えないローリストン城

 エジンバラ博物館ギャラリーのマーガレット・フィンドリーは言う。

もちろん、500年以上もの歴史があるローリストン城のような場所には、いろいろな話があります。長年の間には城主もさまざまに変わり、中には悪名高い人もいます

 フィンドリーによると、ローリストン城の幽霊話は珍しいことではないと言い、幽霊城としても知られている。


城のスタッフが、誰もいないはずなのに足音や衣擦れの音を聞いたりしています。影のような姿が壁の中に消えるのを目撃した人もいますし、庭で影が消えるのを見た観光客もいます。

もしかしたら、幽霊の正体は、ソフィアという女性かもしれません。彼女はラザフォード卿アンドリューの妻で、自分の死後届くように手配した夫宛ての手紙を書いて、亡くなりました

 マカダムのこの投稿写真は、500回近くシェアされていて、さまざまなコメントでネット上が騒然としている。

・すごく不気味。悪夢になりそう

・ローリストン城はほかにもたくさんの幽霊話があるので、おもしろい読み物になるんじゃないか

・心霊写真にしてはやけに鮮明すぎる。関心を煽るためにボール紙で作ったものを置いておいたのでは?
References:edinburghnews/ written by konohazuku / edited by parumo

カラパイア

「バラ」をもっと詳しく

「バラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ