どうしても眠いときの対処法として一番に思い浮かぶのは、なんといっても“カフェイン”を摂取すること。コーヒーを飲んだり薬を服用したり、とにかく手軽に眠気を覚ますことができるので超便利なんですが…実は怖い側面も…。

さて、依存症予防教育アドバイザーで漫画家の三森みささんは、過去に“カフェイン”に依存してしまったことがあるのだとか…?

SnapCrab_NoName_2020-1-24_12-54-42_No-00

そんな当時の様子を綴ったエッセイ漫画が、こちらです↓

カフェイン依存症 前編

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

中編

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

後編

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

omake1

omake2

tyuui

21

こ、怖ぁ…???

もちろん、眠気覚ましや息抜きにコーヒーを飲む程度であれば大丈夫なのでしょうが、何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」。カフェインは適度な距離感で利用していきたいものですね…。

なお、作品の中でも触れられている通り、三森さんはこちらの作品をきっかけとして、厚労省監修の依存症啓発漫画を描いてもいます。依存症についてのもっと正確な情報を知りたいという方はこちら↓も読んでみてはいかがでしょう。

作品提供:三森みさ(@mimorimisa)
note:三森みさ
ポートフォリオ:MimoriMisa ART Graphics