出会って初日で相手役に告白!?演技初挑戦のイケメンモデルの恋愛模様に、渡辺直美も興味津々

1月26日(日)14時10分 AbemaTIMES

 1月25日(土)23時より、『恋愛ドラマな恋がしたい〜Bang Ban Love〜』act.1が放送され、独特なオーラを醸し出すイケメン俳優に注目が集まった。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCを渡辺直美、あ〜ちゃん(Perfume)、福徳秀介、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、井上佑(以下:たすく/24歳)、千綿勇平(以下:チワ/28歳)、南北斗(以下:ほくと/21歳)、木村葉月(以下:はづき/19歳)、日比美思(以下:みこと/21歳)、若菜(以下:わかな/26歳)の男女6人。

 毎回、配られる全6話の連続ドラマ台本は主役のキャストが決まっておらず、6人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらに、今シーズンから、ドラマが全6話の連続ドラマであるというルールが追加され、毎回共通して登場する主役の男女1組のキャラクターを各話ごとのオーディションで選ばれたペアが演じることに。

 今シーズンでスタジオの渡辺の目を引いたのは、登場シーンからまるでサンタのような大きな袋で荷物を持ってきたことで注目を集めたたすく。独特な雰囲気を醸し出すたすくに、渡辺は「たすく不思議だわ〜」と興味津々。「でも絶対いい人だと思う。尖って見えて、本当は愛情深い人なんじゃないかな」と予想した。

 そんなたすくは、男子指名のペア決めで見事、第一印象で気になっていたみこととペアを組むことに成功し、「100点でしょう」「一番第一印象良かった方とペアになれたんで、僕としてはよかったです」と自信満々。しかし、みことは第一印象ではチワを気になっていたため、「一緒にできたらいいなと思ってた人じゃない人だったから、どうしようという不安な気持ちで…」と不安げな表情を浮かべた。

 その後、それぞれのペアは役作りのためにデートをすることに。たすくは、みことと二人っきりになると、「はじめて演技させてもらったのがみことでよかったです」とアピール。続けて、「女性として好きになる努力しますとかは言わんけど、そうなってはいるなぁ」とみことに惹かれていることを告白。

 たすくのいきなりの告白にはスタジオの渡辺や谷も「はやくない?」「たすく大丈夫?まだ初日だよ?」と驚いていた。

 こうして距離を縮めたたすく&みことペアだったが、オーディションでは残念ながら主役に選ばれず。演技指導の澤田育子先生から「たすくさんはどうやって芝居を作っていくかを迷っているように見える」と演技初挑戦であることに厳しい指摘を受けると、「演技まじで向いてない人間だと思うんですよ。そういう自分を変えていかなきゃいけないかもしれないです、根本から」と落胆。スタジオメンバーはたすくのことを心配しつつも、「たすく、なんか気になる」「たすくは進化しそう」とエールを送った。
 

▶︎動画:恋愛ドラマな恋がしたい〜Bang Ban Love〜

AbemaTIMES

「渡辺直美」をもっと詳しく

「渡辺直美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ