静電気、パチンとこないための7か条 お風呂で洗い過ぎはNG

1月26日(日)7時0分 NEWSポストセブン

静電気はかゆみも引き起こす(イラスト/あらいびろよ)

写真を拡大

 静電気が発生しやすい冬の季節。髪の毛が逆立ったり、洋服を着たり脱いだりするときにパチンとなったり、いろいろと嫌なことも多いが、さらには健康への悪影響も問題だ。


「その代表が乾燥肌によるかゆみです。冬、乾燥した時期になるとかゆみに悩む人が多くなります。その要因の1つが静電気です」と、順天堂大学名誉教授で皮膚医学を専門とする高森建二さんは話す。


 健康な肌ではきれいに揃った角質細胞の間にあるセラミド(角層細胞間脂質)が水分をためる働きをしている。さらに、汗と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜が全身を覆っており、皮膚の水分量は充分保たれ、静電気が発生しづらくたまりにくい構造となっている。


 一方、加齢や洗いすぎによりセラミドが減り皮脂膜が薄くなった肌は、ひび割れた田んぼのような乾燥肌へ変化する。このような乾燥肌では湿度が低下した冬には電気が空気中に放電されず、角層に静電気がたまっている。


「バリアの壊れた乾燥肌ではかゆみを伝える“C線維”という神経が角層近くまで伸びるため、静電気などわずかな刺激でかゆみを敏感に感じます。保湿剤を塗ればC線維は元の位置に戻るので、静電気とかゆみ対策には保湿剤を全身にこまめに塗るのがいちばんです」(高森さん・以下同)


 また、入浴の仕方も重要で、体を洗う際はナイロンタオルでゴシゴシ洗わず、手に石けんをつけて軽く洗う。


 頭や顔、脇の下、足、局部などは毎日石けんで洗ってもいいが、それ以外は週2〜3回で充分。お湯の温度は皮脂膜を溶かさない40℃以下にして、風呂上がり10分以内に保湿剤を塗り、水分が逃げないようフタをするのも鉄則だ。


「背中がかゆくて眠れない人は、手の届かない背中にも保湿剤を塗りましょう。そのための専用器具もあるので、上手に活用してみましょう」


 静電気でさらなるトラブルを招かないためにも、下記の7つの秘策で防護しよう。


◆これがパチンとこない7か条!!


□部屋を加湿する

 エアコンなどで暖房をしている室内は乾燥しがち。加湿機や濡れた洗濯物などで必ず加湿しよう。


□洗ったらすぐ保湿!

 風呂上がりなら10分以内、手を洗った後はすぐに保湿剤を塗って、肌にフタをすることが大切だ。


□服のコーディネートは素材の相性も考えて!

 綿など天然繊維がおすすめ。静電気が起きやすい素材でも同じ電荷の素材との組み合わせならOK。


□洗濯には柔軟剤を!

 洗濯の仕上げに柔軟剤を使用。衣類の表面が滑らかになって摩擦が減り、静電気防止につながる。


□入浴時、洗いすぎない!

 石けんを使って毎日ゴシゴシ体を洗うのはNG。皮脂膜まで落ちてしまい、肌の乾燥を招くことに。


□擦れる所を重点ケア!

 衣類と擦れ合う脇腹や腰、すねなどに保湿クリームを。静電気防止スプレーも擦れる部分に使おう。


□ドアを開ける前に除電する

 金属製ドアノブに触れる前に壁などに触る。静電気防止グッズを活用するのもおすすめだ。


※女性セブン2020年2月6日号

NEWSポストセブン

「風呂」をもっと詳しく

「風呂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ