「結婚できない」は不幸!? 独身で幸せな人は何が違うの?

1月27日(月)22時15分 All About

30代以上の独身の人の中には、「自分は結婚できないから不幸なんだ」と思っている人がいます。逆に独身でも日々を楽しく過ごしている人もいます。独身でも幸せな人の特徴、そしてその人たちは何が違うのでしょうか?

写真を拡大

独身でも幸せな人は何が違うのか

30代以上の独身の人の中には、「自分は結婚できないから不幸なんだ」と思っている人がいます。逆に独身でも日々を楽しく過ごしている人もいます。独身でも幸せな人は、何が違うのでしょうか?

独身だと不幸な人の傾向とは

まずは、“独身で不幸な人”はどんな人でしょうか? それは、下記のような傾向がある人です。

・人と比べて幸せをはかる人
・人に依存することでしか生きていけない人
・自分で想像した幸せが叶わないと不幸を感じる人

実は、これらの傾向がある人は、独身だから不幸なのではなく、結婚できても不幸になる可能性が高いでしょう。

人と比べて幸せをはかる人

人と比べて幸せをはかっていては、いつまで経っても、自分らしい人生は歩めません。人は誰もが、自分の人生を歩むので、結婚の縁やタイミングも人それぞれです。みんなと同じというわけではありません。

さらに、人によって好きなこと、苦手なこと、得意なこと、不得意なことも違います。例えばAさんにとっての幸せが、Bさんにとって幸せとは限りません。仮にBさんがAさんと同じ人生を歩んだら、Aさんは幸せでも、Bさんは不幸になってしまうかもしれないのです。

つまり、「幸せ」という観点でみたら、人と比べたところで意味がないのです。

また、結婚をしていない人は、既婚者よりも“不足している気分”でいることが多いもの。「結婚を手に入れる」という観点でいると、不足しているように見えるかもしれませんが、それも環境の1つに過ぎません。

結婚していない人は「独身でいる」という環境をきちんと手に入れています。そこには既婚者にはない自由など、独身ならではの幸せもあるのです。何かを得れば、何かを失います。全てを手に入れることは難しいのです。それを理解した方がいいでしょう。

さらに人によっては、結婚よりも独身でいる方が合っている人もいます。誰もが必ずしも結婚しなくてはいけないわけではありません。また人格的に優れている人は結婚できて、そうではない人は結婚できないわけでもありません。そんな単純な話ではないのです。

人に依存することでしか生きていけない人

依存しがちな人は、自分が1人で立てることに自信がありません。でも、誰もがきちんと自立できる力を持っているのです。

人は遅かれ早かれ、1人で立っていかないといけなくなります。人に依存する人は、嫉妬や束縛が強くなります。相手を失ってしまっては、自分の身が危ういからです。

ただ、相手に負担をかけていては、どんなに親しい人でも離れていきます。つまり、仮に結婚できたとしても、うまくいかなくなる可能性が高いのです。

周りの人がいなくなってから自立せざるを得ない状況になる前に、自ら自立をし、大切な人たちを支えられる人になることを目指しませんか?

「自分の想像する幸せが叶わない」と不幸を感じる人

「こうあるべき」だと思い込むと、それ以外の状況を生かせなくなってきます。

例えば、子供の頃、歌手になりたかった人が大人になったときに歌手になっていなくても、新たな夢を叶えて幸せになることもあります。むしろ歌手になるよりも幸せになれることだってあるでしょう。

つまり、自分の頭で想像できる幸せなんて限られているのです。

結婚願望が強い人は、「結婚して、家族を持つことこそが幸せ、そうならなければ不幸」だと思いがち。でも、本当に人生の幸せはそれだけでしょうか?

独身だからこそ、その環境を生かすことだってできます。身軽な環境だからこそ、趣味や仕事に専念できたり、色々な異性と出会ったり、デートを楽しむことだってできます。なによりも、いつだって恋ができる自由を持っているのです。

どんな環境にも必ず良いことがあります。だから、その環境をどう生かすかが大事なんですよね。そうしたら、自分が思い描いていた未来以上の幸せがそこにはあるものだから!

婚活女性は、「結婚できないから不幸なんだ」ではなく、結婚していないならいないで幸せにならないといけないのです。

本当に不幸な理由は他にある!

今、もし、自分の思い描いた未来にならなくて不幸だと思っている人がいたら、これだけは知っておいた方がいいでしょう。

その思い描いた未来にならないから不幸なのではなく、どんな状況でも生かせる力がないから、不幸なのだということを。

逆に、どんな状況でも生かせるようになれば、世の中、どう転んだって幸せになれるもの。なぜなら、この世の出来事は全て、幸せと不幸は表裏一体だからです。

自分の思い描いていた理想の未来にだって、幸せだけがあるわけではありません。その裏には努力しなくてはいけないことも出てくるでしょう。

逆を言えば、自分に降りかかった一見不幸な出来事ですら、生かせば“幸せになる種”になることもあります。失恋など心が痛むような経験ほど、人を成長させ、魅力的にしますしね。

頭で思い描いた通りの未来なんて、むしろ予定調和で面白くない! 自分の人生をもっとワクワクドキドキの面白いドラマにしませんか? その方が、人生の最後に振り返ってみた時、「あぁ、面白かった!」って思えるはずだから。

そのためにも、“どんな状況も生かせられる人”になることが大切なのです。

独身でも幸せな人の特徴

独身でも幸せな人は、下記の3つの特徴を持っています。

・人と比べて幸せをはからない
・自立している
・どんな状況も生かせ、楽しめる

この特徴があれば、独身でいても、結婚しても幸せになれます。逆にこれができない人は、結婚しても幸せにはなれません。

独身でも、結婚しても、幸せな人になりましょうね!
(文:ひかり(恋愛ガイド))

All About

「独身」をもっと詳しく

「独身」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ