「等閑」「懇ろ」「詳らか」・・・大人が読めない意外な漢字とは

1月27日(木)11時0分 ココカラネクスト

 意外と読み方が難しい漢字は多いもの。逆にそういった言葉を普段使いできれば、周囲から「オッ!」と思わせることができるかも!?そんな漢字5つを紹介する。


1.等閑
読み方は「なおざり」。真剣でないこと。いいかげんにしておくこと。似た言葉とされる「おざなり」にはその場しのぎというニュアンスが含まれる。

2.胡乱
読み方は「うろん」。正体が怪しく疑わしい様。真実かどうか疑わしいこと。「胡」には、でたらめという意味がある。

3.不束
読み方は「ふつつか」。気のきかない様。風情がなく下品なこと。「不束者」は行き届かない者のこと。

4.懇ろ
読み方は「ねんごろ」。心を込めて丁寧にすること。親身である様子。

5.詳らか
読み方は「つまびらか」。細かい部分まではっきりしている様。くわしい様子。「ことの真相を詳らかにする」などと使う。

[出典元=大人の国語力大全]

大人の国語力大全

『大人の国語力大全』(青春出版社刊)

敬語、慣用句、ことわざから、漢字、四字熟語、カタカナ語まで、できる大人が確実におさえている日本語の最重要ポイントを完全収録。日本語で恥をかかずに、「できる大人」になるための必読書。

1 表現力が200%アップする!できる大人の慣用句
2 誰も教えてくれなかった敬語のコツ
3 さりげなく使いこなしたいカタカナ語
4 知らないと話にならない漢字
5 覚えておいて損はない四字熟語
6 教養が試される国語の常識
7 品のよさを演出する大人のことわざ・故事成語
8 気になる語源の本当の話

編者=話題の達人倶楽部
カジュアルな話題から高尚なジャンルまであらゆる分野の情報を網羅し、常に話題の中心を追いかけるプロ集団。


ココカラネクスト

「言葉」をもっと詳しく

「言葉」のニュース

「言葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ