銀座で楽しむ「狼とカラスの旅」幻想世界 画家・岡田尚子が個展を開催、ライブペインティングも

1月30日(水)11時0分 Jタウンネット

彼方より

写真を拡大

2019年2月15から17日にかけて、銀座かねまつホール(東京・中央区)で「岡田尚子 個展〜レムとカフカの旅〜」が開催される。


デビュー以来、デジタルアートとアクリルペイントや水彩を駆使し、狼の「レム」とカラスの「カフカ」の旅をテーマとした作品を10年以上にわたって描き続けてきた岡田氏。今回の展示会では、最新作の5点を発表するほか、今まで描いてきた60点も一堂に展示される。


16、17日は岡田氏によるアクリル画材でのライブペインティングも披露。重厚感がありつつも繊細な作品がどのように生まれるかを間近で見ることができる。


新作のテーマは愛と勇気、そして作者がもっとも大切にしているという「友情」だ。同じテーマを追い、同じキャラクターを描きながらも変化し続ける作品たち。そんな作品群が一堂に会した本展示会で作家が辿ってきた変遷に思いを馳せるのも一興だ。


公式サイトを見て来場した人には、数量限定でオリジナルポストカードがプレゼントされる。展示作品は一部を除き購入が可能。時間は11時から19時まで(初日は12時開場、最終日は17時閉場)。入場は無料だ。

Jタウンネット

「銀座」をもっと詳しく

「銀座」のニュース

「銀座」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ