婚活は「20代後半から」が最多 - 結婚までかかった年月は?

1月30日(木)13時4分 マイナビニュース

エン婚活エージェントは1月28日、「婚活と結婚」に関する調査結果を発表した。調査は1月18日〜20日、婚活経験のある30代〜40代既婚男女1,137名を対象にインターネットで行われた。

同社が2019年11月に実施した「年末年始の過ごし方」に関する調査において、30代〜40代の独身男女に「2020年に始めてみたいことはありますか?」と質問したところ、「婚活」(13.3%)が最も多く、次いで「転職活動」(12.8%)、「トレーニングジムに通う」(12.6%)という結果に。自由回答では、「年も年なので早く結婚して子どもがほしい」(30代/女性)、「この歳になっても結婚していないのは、さすがに焦りを感じるから」(30代/男性)といった声が寄せられた。

「何歳から婚活を始めましたか?」と質問したところ、「20代後半」(41.7%)が最も多く、次いで「30代前半」(24.1%)、「20代前半」(20.0%)、「30代後半」(7.7%)という結果に。また、婚活期間については、「1〜2年未満」(21.5%)や「6か月〜1年未満」(21.1%)など、8割近くの人が2年以内に終えており、調査の結果、20代後半〜30代前半までに結婚を意識して婚活を行い、2年以内に婚活を終わらせている人が多いことがわかった。

また、婚活については、半数以上が「良かったこと」(55.5%)の方が多いとのこと。具体的には、「可愛い子供達に出会えたことが1番」(30代前半/女性)、「自分自身を表現する方法が身についた」(30代後半/女性)、「いい人に巡り会えたから」(30代後半/女性)、「自分の市場価値がわかったこと」(30代後半/女性)、「価値観の多様性を知った」(40代後半/男性)といった声が寄せられた。

一方、「大変だったこと」としては、「お金がかかる」(30代前半/男性)、「望むものが多過ぎて、わけがわからなくなってきた」(30代前半/女性)、「いい人がなかなか見つからなかった」(40代前半/女性)といった意見があがった。

次に、「婚活中に何人の方と会いましたか?」と質問したところ、「2〜3人」(32.6%)が最も多く、次いで「5人程度」(26.8%)、「1人」(15.9%)と続いた。そこで、「結婚の決め手」を教えてもらったところ、「安心できる存在」(30代後半/男性)、「話が合い、一緒にいると心地が良い」(40第後半/男性)、「自分のことを一番に考えてくれる所」(30代前半/女性)、「いい夫、いいお父さんになってくれそうだった」(30代前半/女性)といった声が寄せられた。

また、「結婚して良かったと思うこと」については、「家族が増えた」(68.2%)、「好きな人と一緒にいることができる」(53.2%)、「喜びが共有できる」(49.6%)が上位に。「収入が増えた」(16.6%)という現実的なことよりも、家族が増えることや喜びの共有ということに良さを感じる傾向が伺えた。

マイナビニュース

「婚活」をもっと詳しく

「婚活」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ