焼肉の常識を覆す?牛角の「カルビ専用キャベツ」を一足早く試食してきた

1月30日(木)14時3分 おたくま経済新聞


 2020年は4年に1度のうるう年。2月は29日まであります。そこで焼肉チェーン「牛角」が2020年2月5日〜3月1日までの期間、4年に一度の肉の日を記念した、人気メニュー29種47品の半額キャンペーンを開催。それに合わせて商品開発した「カルビ専用キャベツ」も登場。カルビ専用キャベツとは……?試食会に行ってきました。

 人気メニュー29種47品が半額になる「4年に一度の肉の日キャンペーン」では、看板メニュー「牛角カルビ」や 人気の定番メニュー「牛タン塩」や「王様ハラミ」、さらに「生ビール(中)」を含めた29種類、味違いなども加えると47品が半額を提供。そして、半額商品の他にも黒毛和牛も200円引き、ハイボールやソフトドリンクも特別価格で提供されます。



 このキャンペーンは、4年に一度の肉の日(2月29日)をきっかけに「牛角の豊富なメニューラインナップを知っていただき、お腹いっぱい焼肉を楽しんでいただきたい」という想いから、過去最大規模の商品数を用意したとのことです。

 そんな、いろんな意味で“おいしい”キャンペーンに合わせて、焼肉をより美味しく食べるために開発された商品が「カルビ専用キャベツ」(350円)。人気の定番「カルビ専用ごはん」、販売期間中は大好評だった「焼肉専用まぜめん」に続く専用シリーズの第3弾になります。

 「カルビ専用キャベツ」は、大盛りのキャベツに特製のタレと、牛角の焼肉には欠かせない韓国のりをまぶし、キムチをアクセントに加えた商品。牛角曰く「焼肉のお供はご飯、の常識を覆します」とのこと。



 「いやいや、牛角さん。常識を覆すって……。肉には白飯だから!」

 「肉こそ正義」、座右の銘は「ダイエットは明日から」の筆者にとって、宣戦布告とも取れるメニュー「カルビ専用キャベツ」。本当にカルビに合うのか確かめるべく、「牛角」某店で開催されたメディア関係者限定試食会に行ってきました。

 お店に到着すると、試食の前に牛角の広報さんから、今回のキャンペーンの説明と、期間限定商品の紹介がありました。その商品は、2019年に販売終了した後、牛角ファンから復活を望む声が多数よせられた「キャベツ豚太郎」。



 「キャベツ豚太郎」(690円)は、焼いた肉でシャキシャキのキャベツを巻き、特製ダレをたっぷりつけて食べる逸品。今回は、“太郎シリーズ”として牛肉やホルモンと食べる「キャベツ牛太郎」(590円)や「キャベツホル太郎」(690円)も同時に発売されるとのこと。そして、巻いて食べるキャベツは、「カルビ専用キャベツ」。





 ここにも「カルビ専用キャベツ」が……。さすが、焼肉をより美味しく食べるために開発された商品だけのことはありますね。「カルビ専用キャベツ」への好奇心が膨らむ中、期間限定商品の紹介は進み、熱々のあんかけとパリパリ&モチモチな麺の食感を楽しめる「黒胡椒牛あんかけ焼きそば」(690円)、デザートメニューとして、果汁あふれる爽やかな酸味の「みかん大福」(290円)も販売されることが発表されました。

 広報さんの話が終わり、いよいよ試食会がスタート。さっそく、牛肉・豚肉・ホルモンと一緒に「カルビ専用キャベツ」が運ばれてきた。大盛りのキャベツに特製のタレ、そして、韓国のりとキムチ……。はたして、これが本当に焼肉に合うのだろうか?



 広報さんによると、過去に「キャベツ豚太郎」が販売された際、常連さんの中には、キャベツに特製ダレをぶっかけて食べていたそうで、その食べ方もオススメと言われたので、とりあえずぶっかけてみたが、不信感は拭えない……。だってお野菜苦手……。

 考えても仕方がないので、牛肉や豚肉、ホルモンを焼いていき、焼き上がった肉たちで「カルビ専用キャベツ」に巻いて食べてみた。









 美味い!!肉と特製ダレはもちろん相性バツグンですが、それにキャベツのシャキシャキ感、そしてキムチの酸味や辛味が食欲を増進させている感じがして、どんどんいけちゃいます。でも、ご飯ではなく、キャベツと一緒に食べているので罪悪感みたいなものが、あまりありません。これは特に女性には良いのではないでしょうか。ただ、筆者は「カルビ専用キャベツ」で肉を食べた後、ご飯が欲しくなりましたけどね……。

 夢中で食べ進めてお肉3皿を完食。恒例の食べ終わったお皿を写真で撮ろうとしたのですが、いつの間にか2皿を牛角の優秀なスタッフさんが片付けてしまい、カルビ専用キャベツのお皿と、お肉のお皿1枚になってしまいました。しかし、空いたお皿をすぐに片づけてくれるのは、すごく大事。



 話は少しそれましたが、続いては期間限定メニューの「黒胡椒牛あんかけ焼きそば」と「みかん大福」。シメのメニューですね。「黒胡椒牛あんかけ焼きそば」は、牛カルビが入っていてボリュームもあり、何と言ってもおこげのパリパリの部分が香ばしくて美味い!なぜ人は、こんなにもおこげに惹かれるのか……。「みかん大福」も隠し味にレモンが使われていて、爽やかな風味がシメにピッタリの逸品でした。







 結論。カルビ専用キャベツは、牛角が「焼肉のお供はご飯、の常識を覆します」とまで言っただけのことはある。たしかに焼肉の常識を覆すほど美味しかったが、筆者はご飯も欲しい。「カルビ専用キャベツ」は、2月5日〜3月1日までの期間限定となっているので、みなさんも1度、自身の舌で確かめてみるのも良いかもしれません。

取材協力:株式会社レインズインターナショナル

(取材・撮影:佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「キャベツ」をもっと詳しく

「キャベツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ