ワークマンのコックシューズが、「ちょっとそこまで」に便利!家の中でも外でも使えちゃう〜|マイ定番スタイル

2月1日(金)16時30分 roomie

ちょっと近くのコンビニまで。

そんなとき、いつものスニーカーをわざわざ履くのはめんどうだし、あまりにもテキトーなサンダルだと恥ずかしい……。

それなら、コックシューズがおすすめですよ。

ストイックなまでにシンプルなサボ



ワークマンで販売している「クリーンエース サボタイプ コックシューズ」。

2,100円(税抜)とお手頃な値段で、履き心地もバッチリなんです。

そして、何も余計なものがついていないシンプルなデザインだから、どんなものにも合わせやすい!



[BLLendina] メンズコックシューズ 厨房シューズ 調理靴 キッチンシューズ 黒 防水 防油 耐滑 作業靴 安全靴(27cm ブラックB)



関連商品:[BLLendina] メンズコックシューズ 厨房シューズ 調理靴 キッチンシューズ 黒 防水 防油 耐滑 作業靴 安全靴(27cm ブラックB)



¥1,999 Amazonで見てみる





脱ぎ履きが楽チン〜



カカトをしっかりホールドしてくれるタイプのものもあるのですが、履きやすさを考慮してサボタイプをセレクト。

サボなので、脱ぎ履きが楽チン〜。

私はスリッパとして愛用していますが、外出用シューズとして歩くときにも問題ありません。

驚きの軽さ!



このサボ、ビニール素材なので、とにかく軽いんです。

片足およそ200g。

革のサボなどに比べてしまうと、軽くて羽根が生えたかのよう……。

頻繁に脱ぎ履きをする、キャンプなどに持っていってもよさそうですね。

残念なところ:つくりがちょっと甘いかも…



もう革のサボには戻れないと思うほど、軽くて履き心地が良いんですが……

こちらはちょっと接着剤が見えてしまっていますね。

個体差はありそうですが、少し気になるところ……。

ただ、2,100円というプライスなので、目をつぶりましょう……。

靴底には、しっかりとした滑り止め付き!



さすがの業務用なので、厨房でも滑らないようにと靴底はしっかり加工されています。

ただし、防水ではないので要注意。



ワークマンには、こちらのサボタイプ以外にも白いコックシューズなど、バリエーションがありました。

自分の工夫次第で便利に使えるコックシューズ。

業務用ならではの使いやすさを一度試してみてはいかがでしょうか?



[ジェーシーエム] JCM コックシューズ サボタイプ JCMSS-265B ブラック(ブラック/26.5cm)



関連商品:[ジェーシーエム] JCM コックシューズ サボタイプ JCMSS-265B ブラック(ブラック/26.5cm)



¥1,782 Amazonで見てみる





あわせて読みたい:



かかとを踏んでもOKな靴?進化系Tevaは、家の中でもアウトドアでも使えちゃう〜|アウトドアな家暮らし - ROOMIE(ルーミー)



ワークマン侮りがたし! この高性能の防水ウェアが、セットで5,000円以下とはね…!│マイ定番スタイル - ROOMIE(ルーミー)



マンガ『602号、木の見える部屋』第6話〜新年あけまして〜 - ROOMIE(ルーミー)

クリーンエース サボタイプ コックシューズ


roomie

「ワークマン」をもっと詳しく

「ワークマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ