除菌で虫歯と歯周病を予防する「3DS」は生活習慣病にも効果

2月1日(木)16時0分 NEWSポストセブン

3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリーシステム)を解説

写真を拡大

 近年、細菌のDNA解析技術が飛躍的に向上し、口腔内細菌(バイオフィルム細菌)と生活習慣病との関連が明らかになりつつある。例えば、いくつかの口腔内細菌は腸管にダメージを与えることがわかっている。また、くも膜下出血で死亡した人の脳から見つかった虫歯菌のDNAが口腔内の細菌と一致したり、動脈硬化の場所に歯周病菌が見つかったなどの報告もある。そのバイオフィルム細菌を除菌し、生活習慣病の予防目的で開発されたのが3DS(デンタル・ドラッグ・デリバリーシステム)だ。


 鶴見大学歯学部探索歯学講座の花田信弘教授の話。


「国立感染症研究所勤務時代に虫歯のワクチンを作りましたが、まったく使われていません。というのも虫歯菌は薬剤耐性がないのに、バイオフィルム(菌膜)が作られると、ほとんどすべての薬剤が菌体に到達できなくなるからです。薬剤だけでなく、ワクチンで作られる抗体も同じ。虫歯菌がバイオフィルムを作るため、ワクチンだけでは除菌が難しいのです」


 1998年、ロンドン大学のグループがミュータンス菌(虫歯菌)の除菌に成功という論文が医学雑誌に掲載された。前処理として歯型に合わせて作製した樹脂製のトレー(マウスピース)で歯全体を覆い、そこに殺菌消毒剤を塗布したことがワクチンによる除菌を可能にした。


 花田教授は、この論文に基づき追試験を行ない、歯科衛生士による徹底した歯のクリーニングと装着したトレーに薬剤を塗布することでバイオフィルムを狙い撃ちにし、ミュータンス菌の除菌が可能になることを実証した。こうして誕生したのが3DS除菌法である。


 この除菌は虫歯菌や歯周病菌をゼロにすることを目指していない。重症の歯周病患者の唾液には1ミリリットルあたり100万個もの歯周病細菌がいるが、それを1000個程度に減らすことが目標だ。


「当初は虫歯菌の除菌をターゲットに行なっていましたが、昨年臨床研究として8人の患者さんに実施したところ、歯周病細菌の除菌も確認できました」(花田教授)


 3DS除菌は、まず上下の歯型をとり、歯科技工専門会社に送って専用の樹脂製のトレーを作製する。同時に患者の唾液中の細菌数、潜血検査、歯周組織検査などの口腔内の検査に加え、血圧測定や体組成測定、血管内皮機能検査、ストレス測定など生活習慣病の原因となる検査で状態を確認する。


 そして患者の口腔内徹底クリーニング後、トレーに薬剤を塗布し、歯列に装着して5分おく。約700種といわれる口腔内細菌のうち、歯周病菌3種と虫歯菌2種の合計5種を除菌対象とする。


 治療は4か月以内に5回の通院と毎日の歯磨き後のトレー装着を行なう。5菌種の病原細菌の除菌ができたら、薬剤をフッ化物に変える。


 3DS除菌法を朝夕毎日、一生続けることで生活習慣病発症予防と重症化予防につながると期待されている。


■取材・構成/岩城レイ子


※週刊ポスト2018年2月9日号

NEWSポストセブン

「生活習慣」をもっと詳しく

「生活習慣」のニュース

BIGLOBE
トップへ