コンビニで買える!ダイエットメニュー10選

2月3日(土)20時45分 All About

セブンイレブンで見つけた、調理不要で買ってすぐ食べられるコンビニダイエットメニューを選出しました!

写真を拡大

「家呑み」ブーム到来! セブンイレブンで買える痩せメニューって?

最近は、コンビニに夕食のおかずにもなるような「おつまみ」「お惣菜」類が充実しています。忙しく働いている独身男女はもちろん、自宅で気軽に晩酌を楽しみたいお父さんお母さんも重宝しているのでは。

私は居酒屋メニューでダイエットする「居酒屋ダイエット」を提唱していますが、自宅での「家呑み」の場合、ゆっくりリラックスでき、お財布にも優しいのがうれしいポイントです。

ここでは、セブンイレブンで見つけた、そのまま食べられて調理不要! 買ってすぐ食べられる、コンビニで買える痩せつまみの選び方とおすすめを10個セレクトしました。

何気なく選んでいる同じような食材でも調理法や調味料でダイエット効果は全然違います。知らないと損をする、知っているだけで痩せていく、一歩踏み込んだ「痩せチョイス」を管理栄養士ならではの視点で紹介します。

1.「塩」やきとり

タレではなく、塩の焼き鳥をセレクト
鶏肉は低脂肪高タンパク、食べるほどに痩せる燃焼系食材です。ボリュームもたっぷりでダイエットの強い味方。

しかし、盲点は「タレ」。どんなにヘルシーなイメージの胸肉やササミを選んでも甘いタレだと効果半減。糖質たっぷりで太る原因になります。

コンビニには、「塩」やきとりもちゃんとあります! 中でも「ナンコツ」は噛みごたえがあってオススメ! さらなる痩せ技はレモンをプラス。生レモンでなくて、市販のポッカレモンでもOKです。代謝と若返り効果がアップしますよ。

2. おでんの「T・K・G」=たまご・こんにゃく・がんも

おでんは「たまご、こんにゃく、がんも」がおすすめ。
たまご=燃焼系、ガンモ=抗酸化、こんにゃく=整腸食とこの3品で居酒屋ダイエットコンプリート! 温かい汁物は胃腸を温めることでリラックス効果と食べ過ぎ予防になります。

そのほかにロールキャベツ=鶏肉(燃焼系タンパク質)+キャベツ(消化を助け、抗酸化)、大根・しらたき・昆布=整腸食、厚揚げ=抗酸化食もおすすめ!

痩せ技として、おでんにサラダチキンを入れてタンパク質たっぷりの「鳥鍋風」にするのもおすすめ! チューブの生姜をプラスするとぽっかぽかになります。「サラダチキンはもう食べ飽きた……」というダイエッターこそ試してみてくださいね。

3.「ぬか」漬け(もしくは、おしんこ)

大根、人参、きゅうりのぬか漬け盛り合わせが手軽に手に入ります。
漬物はダイエットに必須の善玉菌を増やす優れた発酵食品ですが、その中でも代謝を上げるビタミンBが豊富な「ぬか」を使った「ぬか漬け」がダイエットには最強です。塩分や糖質も低く、安心。

浅漬けはぬかを使っていないので、ダイエットパワーとしてはぬか漬けより劣ります。ただ、塩分控えめなものを選べばさっぱり食べやすいので、サラダ感覚で食べると良いかもしれません。

キムチは体にうれしい発酵食品ですが、砂糖・塩分などの調味料が多いので、食べ過ぎに注意しましょう。豆腐やお肉のトッピングとして食べるのがベター。べったらや沢庵漬けは、酸味と甘みが疲労回復に効果的。ただし糖質が高いので少量に。

4.「素焼き」アーモンド(もしくは、クルミ・ヘーゼルナッツ)

食塩不使用の素焼きアーモンドの単品が売られています。
"ナッツ類"とざっくりまとめられがちですが、塩味のミックスナッツを何気なく選んでいるあなた、もったいない! まず、塩や油を使っていない素焼きのものを選びます。

ナッツは栄養素が豊富なだけに、選び方を間違えると糖質や脂質が高くなり太ります。ナッツとひと口にいっても、種類によってそれぞれ成分や栄養素が違います。ミックスナッツではなく単品を選びましょう。

ダイエットには、糖質は低く、代謝を上げる栄養素が高いアーモンド・クルミ・ヘーゼルナッツの3つをオススメします。

「アーモンド」は食物繊維の王様で、豊富なビタミンEも魅力です。「くるみ」はダイエットオイルのオメガ3が豊富。「ヘーゼルナッツ」は代謝を上げる鉄分やカリウムを含みます。

一方、要注意なのは、カシューナッツ。意外と糖質高めなのです。また、ミックスナッツの常連、ジャイアントコーンはナッツではなくトウモロコシ! これも太る原因になる糖質です。

どんなに糖質が低くても食べ過ぎには注意。ナッツ類はついつい食べすぎるとお腹を壊すこともあります。目安は1日に片手ひとつかみ程度。なるべく小袋入りを購入しましょう。

5.「あたりめ」

低脂肪で、食べるほどに代謝があがる「燃焼系たんぱく質」です。気になる食塩相当量も1パックあたり0.5g!
あたりめの原材料イカは、肝臓を保護する「タウリン」が豊富。呑んべえさんの強い味方。「つまみ」の代名詞であり、健康イメージとは程遠い乾きモノがすぐれたダイエット食だった、というのは少し意外かもしれませんね! 実は、低脂肪で食べるほどに代謝があがる「燃焼系たんぱく質」なんです。

しかも、噛みごたえがあるので、脳の満腹中枢を促し、食べ過ぎ予防にもなる、優れもののダイエット食材です。

一方、同じ乾きものでも「さきいか」や「いか燻製」は甘辛い調味料が含まれますから、ダイエット中の乾きものには適しません。イカに塩をして「干しただけ」の「あたりめ」がベターです。

ただし、食べ過ぎは塩分が多くなるので注意が必要です。その点、コンビニでは小袋入りが(セブンでは16g)売っており、食塩相当量は1パックあたり0.5g(大袋入りは45gで、食塩相当量は1パックあたり1.4g)。1日の食事内容と相談するか、あらかじめ1日小1パックまでと決めて食べれば安心です。

※参考:2015年版の厚生労働省発表の塩分摂取量(食塩相当量の目標量)は、18歳以上の男性で8.0g未満/日、女性で7.0g未満/日。

6.「ゆで」卵

ほんのり塩味がおいしい、コンビニゆで卵もおつまみに最適。
完全栄養食品と呼ばれる卵は、ダイエットと若返りに必要な「コリン」が含まれていて、今、再注目されています。コンビニの絶妙な塩加減が嬉しいゆで卵。リーズナブルで、1個から買えるのも嬉しいですよね。

卵は調理法によって消化スピードが異なります。消化が早いのは、半熟>生>固ゆでの順。

体調が悪いときは半熟卵の雑炊がお腹にやさしい……ということは、ダイエットには、腹持ちが良い「ゆで卵がベスト」となります。ただし、燻製や煮卵は甘い調味料が入っているので、シンプルな「ゆで卵」が安心です。

7.「カマンベール」チーズ

ナチュラルチーズもコンビニで手軽にゲット。
チーズ類もダイエットに必要なカルシウムや良質たんぱくのとれる優秀食材。しかし、チョイスにはポイントがあります。必ず裏面をチェック! チーズには「プロセスチーズ」と「ナチュラルチーズ」の2種類があります。ダイエットには「ナチュラルチーズ」をお勧めします。

プロセスチーズはナチュラルチーズを原料にした加工品で「カゼイン」という成分を含みます。このカゼインは取りすぎるとアレルギーや細胞の老化など代謝低下につながります。チーズ好きこそ気を付けるべき!

コンビニにあるカマンベールチーズは「ナチュラルチーズ」です。キャンディー型のチーズやスライスチーズなどの「プロセスチーズ」と比べると割高になりますが、健康にもよく、やはりチーズ本来の風味や味わいが全然違います。高いダイエットサプリや健康食品を買うことを考えれば、おいしくて賢い買い物です。

8. サバ「水煮」缶(もしくは、サバの塩焼き)

DHAとEPAにより、脂肪燃焼!
DHAとEPAに脂肪燃焼効果があるサバ。「サバ缶ダイエット」はブームになっていますが、ダイエットには断然「水煮」です。なぜなら、甘い「味噌煮」には糖質がたっぷりだから。

骨まで食べられる「水煮」は栄養面でもおすすめですが、飽きてしまったら、「塩焼き」でも良いでしょう。サバ以外にも秋刀魚などの青魚でも可です。

もし「味気ないな……」と思ったら、オススメはご自宅にあるチューブのおろしショウガを。これを加えるとサバの臭みが取れて食べやすくなります。体もポカポカ、ダイエット効果もアップしますよ。

9. もずく「酢」・めかぶ「酢」

ネバネバと酢っぱさが体をケア。ミネラルたっぷりのダイエット食。
このネバネバ系はダイエット効果の高い整腸食です。塩分を体外に排出するミネラルも多いので、若返りやむくみ予防にも効果的。

また、この「酢」がダイエットポイント! 酢はエネルギー代謝を上げるだけでなく、糖の吸収を緩やかにするなどの痩せ調味料だからです。とくに、呑んべえさんには、肝臓ケア効果もあるもずく酢やめかぶ酢など海藻類のお酢料理をオススメします。

呑んべえさんの場合、禁酒中に眠くなったり、無気力になったり、頭がぼーっとすることがあるかもしれません。そんな人にも、もずく酢やめかぶ酢はおすすめです。

なぜなら、アルコールを摂取すると体は速やかにそれを酢酸に変換し始めるからです。酢酸は血液中を循環し、脳や他のエネルギー源として役立てるのです。

そのため、飲酒が多い人は体内のブドウ糖よりも酢酸を優先的に費やしやすくなっています。そうなると、禁酒してもすぐには体内のブドウ糖をうまく使えず、一時的にエネルギー不足に陥ってしまうため、前述のようになってしまうことがあるのです。ですから、酢酸であるお酢料理を食べると、緊急のエネルギー源として頭がスッキリするはずです。

10.「クール」納豆巻き

コンビニに売っている「冷たい状態」で食べるのがポイント。
納豆巻きを冷蔵庫で「冷やして」食べましょう! 白米の糖質は、冷蔵庫と同じ温度4〜5度で「レジスタントスターチ」に変化し、血糖値が上がりにくくなります。便秘にも効果的ですので、ダイエット中に重宝します。ただし、レンジでチンしてしまうと効果がなくなりますので注意。

中でも「納豆巻き」がベストな理由は、ダイエットのカギを握る善玉菌を増やす「納豆菌」が「夜」最も働くからです! それだけでなく「納豆」の良質たんぱく質と食物繊維が、血糖値の急上昇を抑える効果もあるのです。

ダイエット中の夜でも、コメが食べたい! そんな時は、我慢しなくていいんです。適度なでんぷん質はダイエット中の不眠解消にも役立ちます。不眠はダイエットの大敵ですから、食べたい時は賢く食べましょう!

夜ご飯が遅い時間になってしまっても、これなら安心!

コンビニ食や、遅い時間の食事に罪の意識を感じなくてOK! しかもほぼ調理なしで食べられます。
以上、コンビニで買える「痩せつまみ」の選び方は、どうでしたか?

ここでは、コンビニの数あるメニューの中でも、調理ゼロですぐに食べられる食材に絞り、知らなきゃ損する痩せチョイス法として紹介しました。私が提案する「居酒屋ダイエット」のご自宅版としても活用してください!

選び方一つで、チリも積もれば立派なダイエット! 覚えてしまえば一生ものです! 少しでも興味がわいたら、早速今日の帰りにコンビニを覗いてみてくださいね。

撮影/泉 三郎
(文:松田 真紀)

All About

「ダイエット」をもっと詳しく

「ダイエット」のニュース

BIGLOBE
トップへ