東京五輪の1964年「焼きビーフン」はこうだった ケンミン「復刻版」で当時の味再現

2月3日(月)12時0分 J-CASTニュース

60年前に発売したものを再現「復刻版即席焼ビーフン」

写真を拡大

1964年の東京オリンピック当時に食べられていた「焼きビーフン」が帰ってくる。

ケンミン食品 (兵庫県神戸市)は、「復刻版即席焼ビーフン」を2020年3月1日から約1か月間限定で発売する。かつて販売されていた「ケンミン焼ビーフン」の味とパッケージを再現した。2020年の東京五輪開催を記念しての発売だ。



当時はかつおとこんぶエキス、価格は35円



ケンミン食品が現在販売中の焼きビーフンは、チキンエキスとポークエキスを使用し、鶏のだしが効いたしょうゆ味になっている。一方で、当時はかつおエキスとこんぶエキスを使った味付けだった。復刻版では、その初代焼ビーフンの味を再現している。



今は明るい黄色に赤色でロゴが書かれた商品パッケージも、当時は緑色と赤紫色の2色が鮮やかなものだった。当時の価格は、35円だ。



「ケンミン焼ビーフン」は、1960年に販売がスタートし、2020年で60周年を迎えるロングセラー商品だ。同社の発表資料によると、会社の創業70周年、焼ビーフン誕生60周年を機に原点に立ち返るため、当時のものを再現したとのこと。



希望小売価格は115円(税抜)。

J-CASTニュース

「東京五輪」をもっと詳しく

「東京五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ