肉の山を攻略せよ! 東京のデカ盛り「ローストビーフ丼」3選

2月4日(火)10時50分 食楽web

肉の山を攻略せよ! 東京のデカ盛り「ローストビーフ丼」3選
食楽web

 カツ丼、牛丼、天丼、親子丼…。いつの時代も、日本人は丼メシが大好きですよね。ごはんの上にのせる料理の種類も広がりを見せる一方で、その量も増え、デカ盛り丼も人気。肉のデカ盛り丼の中でも、近年とくに人気なのがローストビーフ丼です。食べ応えのある赤身肉が山盛りにされたビジュアルは食欲をそそります。

 そんなデカ盛りローストビーフがいただける都内の人気店3店をご紹介します。

中野『たこ焼き酒場 もんもん』の「ローストビーフ丼」

「ローストビーフ丼・大盛」1100円。総重量は約1kg! どこから食べればいいのか悩みます
「ローストビーフ丼・大盛」1100円。総重量は約1kg! どこから食べればいいのか悩みます

 西武新宿線・都立家政駅から徒歩10分ほどにある『たこ焼き酒場 もんもん』。その名の通り、たこ焼きが人気の居酒屋さんですが、コスパ最高なローストビーフ丼が味わえる有名店です。

 ここで食べたいのが「ローストビーフ丼・大盛」。たっぷりかけられたマヨネーズがなんともフォトジェニックですが、豪快に盛られたローストビーフは約1kg! そして高さは約20cm! ほとんど山です。きざみ大葉が頂上に彩りよく添えてあります。どこから食べるべきか悩みますが、崩れるのが怖いので頂上付近から1枚ずつはがして食べましょう。

 肉は普通のローストビーフよりもやや厚めに切ってあるので食べごたえがあります。やわらかく、甘辛いソースも効いていて、このままお酒のおつまみにしたいほど。

ローストビーフ7〜8枚食べるとようやくごはんが見えてきます
ローストビーフ7〜8枚食べるとようやくごはんが見えてきます

 しかし1kgというのはかなりの量。食べても食べてもごはんが見えません。7〜8枚ほど食べ終えれば、ようやく白いものが…。きざみ玉ねぎの下に隠れたごはん様とご対面です。

 ここからがローストビーフ丼の真骨頂。ソースのしみ込んだごはんとローストビーフを同時にいただきます。ごはんとソースの相性は抜群。厚切りのローストビーフを巻いて食べても美味しいです。

 実はこちらのお店は牛すじカレーも人気で、カレーには使わない部位の肉をローストビーフにして提供したところ、これが話題となりヒットしたのだそう。この量で1100円というのがとにかく驚き。コスパ的にもオススメなローストビーフ丼ですよ。

●SHOP INFO

たこ焼き酒場 もんもん

店名:たこ焼き酒場 もんもん

住:東京都中野区鷺ノ宮1-30-13
TEL:03-5356-9080
営:11:30〜23:00(L.O.)
休:なし

武蔵小山『がぶ』の「がぶ丼」

パッと花が開いたかのように美しい「がぶ丼」肉1ポンド3340円
パッと花が開いたかのように美しい「がぶ丼」肉1ポンド3340円

 東京・武蔵小山の『がぶ』。こちらに、デカ盛りチャレンジャーたちが注目するローストビーフ丼があります。

 ごはんの上に薄くスライスしたローストビーフをのせた、名物「がぶ丼」(1400円)がそれ。肉の量が180g。しかしこれは普通盛りレベル。この上に270gの「肉1.5」(1990円)、さらに453gの「肉1ポンド」(3340円)があります。今回は肉1ポンドをオーダー。

 このデカ盛り丼、もともとは普通盛りだったのが「肉の量を増やしてほしい」とのお客さんの要望に応えていく中で生まれたのだそう。薔薇か牡丹が花開いたかのような美しい見栄えの肉1ポンドは直径約26cm。自家製のローストビーフがきれいに並べられ、センターにはブラックペッパーがふりかけられています。ローストビーフはしっとりやわらか。ブラックペッパーがかかったところは軽くピリッとくるものの、肉の味を引き立てる良いアクセントになっています。

肉の下には千切りキャベツと甘いタレがたっぷりかかったごはんが
肉の下には千切りキャベツと甘いタレがたっぷりかかったごはんが

 肉の下のごはんには、醤油ベースの甘いタレがたっぷりとかかっていて、これがまた食欲をそそること…。ごはんを肉で巻いて食べるとさらに美味しくいただけます。肉、ごはん、肉、ごはんと食べていくと、肉があまりに多すぎるせいか、ごはんが足りなくなってしまいそう。ちなみにこの肉1ポンド、かの大食いタレント・ギャル曽根さんは20杯食べたそうです。胃袋に自信のある方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください!

●SHOP INFO

がぶ

店名:がぶ

住:東京都目黒区目黒本町3-7-9
TEL:03-5722-1766
営:11:30〜13:30、18:00〜21:30
  日・祝18:00〜21:00
休:土

日本橋『北海道焼肉 ふらの 肉割烹』の「エベレスト」

「エベレスト」1600円。「ここまで登ってこい!」と言われているようで食欲も増します
「エベレスト」1600円。「ここまで登ってこい!」と言われているようで食欲も増します

 世界最高峰のエベレストに登頂した気分にひたれる…というのはさすがに大袈裟ですが、ランチタイムの日本橋でそんな気になれるメニューが。『北海道焼肉 ふらの 肉割烹・日本橋店』の、お肉好きに大人気のローストビーフ丼です。

 このお店では、肉の量で、高尾山(150g)、富士山(170g)、エベレスト(210g)の3段階が選べるのが特徴。ランチタイムの名物です。ご紹介するのは「エベレスト」です。

 提供されたローストビーフ丼は、たしかに山のよう。盛り付けるのは丼ではなく普通のお皿。そこにごはんをたっぷりと盛り付け、肉を1枚ずつていねいに巻き付けています。山頂には日の丸。ここまで登って来いということですね。

山頂の黄身が崩れて流れ落ちる雪のよう
山頂の黄身が崩れて流れ落ちる雪のよう

 卵の黄身もキレイです。麓にはたっぷりのソースが。深みのある甘さです。「ソースには玉ねぎをたっぷり使っています」と店長さん。玉ねぎの持つ甘みを存分に活かしたソースです。

 麓から攻めたいところですが“雪崩”が怖いので、山頂から。黄身に箸を入れると、溶岩流のように山肌を滑り下りていきます。肉はやわらかく、ブラックペッパーの軽いピリッと感がいい。黄身をからませるとマイルドさが加わり、玉ねぎたっぷりでガーリック風味の和風ソースでさらに甘辛さも加わって、豊かな味わいになります。

 肉を1枚ずつ食べていくのですが、ごはんがなかなか見えてきません。やっとその姿を拝めたときにはもう12枚の肉を食べたあと。しかしこのごはん、ソースがしみ込んでいてこれまた絶品。おかずなしでこれだけでいけそうです。

 肉が大好きな人は、高尾山や富士山を飛び越えて、このエベレストにトライしてみてはいかがでしょうか?

●SHOP INFO

北海道焼肉 ふらの 肉割烹・日本橋店

店名:北海道焼肉 ふらの 肉割烹・日本橋店

住:東京都中央区日本橋室町1-5-15真光ビル1F
TEL:03-6214-3700
営:11:00〜15:30(LO15:00)、17:00〜23:00(LO22:30)
休:日

食楽web

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ