母親に嫌気がさし「他の家の子になりたい」と願った少年 その後の展開に「予想外すぎる」「好き」

2月6日(木)16時30分 grape

いくら家族とはいえ、一緒に生活をしていると時には衝突してしまうもの。中でも、幼い子供と親による親子ゲンカは珍しくありません。

あなたも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。「ほかの家の子供だったらよかったのに」…と。

『他の家の子になりたい』

ホラー系の漫画を中心に公開している、誰でもない(@daredemonaidare)さんがTwitterに投稿したのは、親子ゲンカをしてしまった男の子のエピソード。

とっておいたプリンを母親に食べられてしまい、男の子は「ほかの家の子になりたい」と思っていました。

そんな男の子に声をかけたのは…。

男の子を家に招いたのは、人間からかけ離れた見た目をした、女性型の『謎の存在』。女性は男の子に優しく接してくれたのです。

女性といるうちに冷静になった男の子は、自宅へ帰ることに。しかし、自宅で男の子が目にしたのは、恐ろしい展開で…!

…と思いきや、これらの出来事はすべて母親のおふざけだったのです!

多くの人が思い浮かべたホラー展開をいい意味で裏切るオチに、いろいろなコメントが寄せられています。

・どんなオチが来るかと思ったら平和だった…!

・最初よりも、最後の「ほかの家の子になりたい」のほうが心の声として一番強くて笑った。

・心温まる結末でホッとした。なんだかんだいって、母親想いで強かな子に育ちそう。

おちゃらけた性格の母親によって怖い目に遭わされ、うなされてしまった男の子。

再び強く願った「ほかの家の子になりたい」という心の叫びは叶うことなく、きっと今後も母親に振り回されていくことでしょう…!


[文・構成/grape編集部]

出典 @daredemonaidare

grape

「子供」をもっと詳しく

「子供」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ